埼玉県の70代女性エボラ出血熱の疑いで検査中・渡航先は?滞在期間は?

埼玉県内の70代女性が発熱の症状を訴え、エボラ出血熱感染の疑いがあるとして、国立感染症研究所村山庁舎で血液を検査しています。

公開されていることをまとめました。

8月5日追記

スポンサーリンク

エボラ出血熱感染症の記事

 厚生労働省は7日、アフリカ中部のコンゴ民主共和国から7月31日に帰国した埼玉県内の70代女性が発熱の症状を訴え、エボラ出血熱感染の疑いがあるとして、国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)で血液を検査していると発表した。女性は現地でエボラ出血熱患者との接触はないと説明しているという。
厚労省によると、女性は仕事で少なくとも8カ月前から同国に滞在し、7月31日に帰国。検疫所で一日に2回の検温を行っていたところ、8月3日未明から38度以上の発熱が見られた。東京都内の医療機関に入院しており、診察の結果、インフルエンザA型の陽性反応があったという。
エボラ出血熱をめぐっては、同国東部で流行が続いているとして、世界保健機関(WHO)が7月17日に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当すると宣言。厚労省は海外渡航者に発生地域に近づかないよう注意を呼びかけ、検疫対応を強化していた。
引用;https://www.sankei.com

※記事に、7日と書いてありますが、4日の間違えと思われます。

エボラ出血熱感染症疑いのある方の情報

名前:公開されていません。

年齢:70代

住所:埼玉県内在住

スポンサーリンク

滞在していた国は?

女性は仕事で少なくとも8カ月前からアフリカ中部のコンゴ民主共和国滞在し、7月31日に帰国しました。

女性は現地でエボラ出血熱患者との接触はないと説明しているとのことです。

検査の経緯

検疫所で一日に2回の検温を行っていたところ、8月3日未明から38度以上の発熱が見られたとのことです。

東京都内の医療機関に入院し、診察の結果インフルエンザA型の陽性反応があったようです。

エボラ出血熱の検査結果はまだ分かっていないようです。

追記:検査結果

女性は、エボラ出血熱ではありませんでした。

スポンサーリンク

エボラ出血熱の流行地域

フリカでの患者発生国

引用;idsc.tokyo-eiken.go.jp

ネットの反応

危険なところには行かないを徹底してほしいものだ。
目に見えないものが相手なんだから、いつ感染してもおかしくない。
今回は大丈夫なのかもしれんが、こういうのは非常に困る。

引用;https://news.yahoo.co.jp

早めに正確な情報をヨロシクお願いします!エボラではなければイイのですが。
引用;https://news.yahoo.co.jp

海外から人が来る、というのはこういうことなのだ…
検疫はしっかりしてほしいし、そういう国からの出入りはやめてほしい

引用;https://news.yahoo.co.jp

インフルエンザ
よかった
エボラを合併してないことを祈る
でも70代でコンゴに行くなんてどんな仕事

引用;https://news.yahoo.co.jp

免疫力の衰えた高齢者が8ヶ月も何をしに行ったやら?年齢と行き先を考えて欲しいものだ!
政府も60代超えたら渡航先を制限すると騒ぐ連中もいるだろうからせめてきつい渡航注意喚起くらいして欲しい!
また、他の方達も言っているがエボラだったらえらいこと!もっと大々的に知らしめるべき!

引用;https://news.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

早ければ、今日の夕方にも検査結果が分かるようです。

検査の結果女性は、エボラ出血熱ではなかったようです。

良かったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする