健康カプセル!ゲンキの時間・デブ味覚からやせ味覚へ「やせる出汁」のレシピ!

10月27日(日)TBS「健康カプセル!ゲンキの時間」で太ると分かっているのに、ついつい食べてしまう人…実は舌が「デブ味覚」かも?について放送する予定です。

「デブ味覚」について気になったので、調べてみました。

スポンサーリンク

「デブ味覚」とは?

確実にあなたを太らせる食べ物とのことです。

日常的に食べていると、舌がマヒして正常な味覚を失ってしまいます。

食べ物の味は、舌の上にある味蕾(みらい)という細胞によって感知されますが、濃い味つけのものばかり好んで食べていると、味の感じ方が鈍くなっていきます。

これが「デブ味覚」になってしまう原因のようです。

「デブ味覚」チェック

次にあげる項目にいくつ当てはまりますか?

①コンビニ弁当やスーパーの惣菜がおいしい

②おなかがすかなくても時間になったら食べる

③肉はヒレよりロースだ

④焼き鳥は塩よりタレ派

⑤こってりした味が大好き

⑥スイーツは別腹

⑦添付のタレやドレッシングは使い切る

⑧ソース、ケチャップは必ずつける

⑨外食が週5回以上

1つでも当てはまると、「デブ味覚」の可能性があるそうです。

えー私は4つ当てはまりました(・□・;)

「デブ味覚」から「やせ味覚」へ

ダイエット外来の医師工藤孝文先生によると、「デブ味覚」の人が食事制限のダイエットに失敗するのは、食べたい気持ちを抑え込んだり、食事制限というガマンをしないといけないからだと工藤先生は言ってます。

でも「やせ味覚」になると、太る食べ物をあまり食べなくなったり、やせる食べ物が好きになったり、と「舌」が自然とやせる食べ物を欲するようになるそうです。

そうなれば、食事制限などのガマンが不要になるとのことです。

「何をどう食べるかより、まずは味覚を正常化する。これがダイエットの近道です」

工藤先生は言っています。

では、味覚を正常化にして「やせ味覚」になるには、どうすれば良いのでしょうか?

「やせる出汁」を飲むだけ!

味覚の正常化の方法「やせる出汁」を毎朝1杯飲むだけで良いそうです♪

工藤先生は、ダイエット外来に通う30名に「やせる出汁」を試してもらったところ、

たった2週間で平均5.3㎏マイナスという予想以上の効果がみられたそうです。

平均-5.3㎏はすごいですね!

さらに、試した方々の体重が落ちただけでなく、ウエストの数値も減り、血糖値や中性脂肪が改善され、体の内側から健康へと導くことができるようになったそうです。(減量効果には個人差があります)

「やせる出汁」の作り方♪

お湯を注いて飲むだけで、味覚が変わって「やせ味覚」に(^^♪レシピと作り方はこちらです。

【材料】10日~14日分

かつお節30g

煮干し(頭と内臓は取り除かず、そのまま使用)10g

刻み昆布(塩分不使用)10g

緑茶(緑茶の茶葉ならなんでも大丈夫です)5g

【作り方】

1かつお節と煮干しをフライパンで中火で炒めます

2刻み昆布と茶葉、1をミキサーにかけます

3パウダー状になったら完成です

※2週間ほど冷暗所で保存して下さい。

【飲み方】

1マグカップや湯のみに大さじ1杯の「やせる出汁」を入れます

2お湯を150~200ml注ぎます

※1分ほど待つと、刻み昆布が柔らかくなってさらに美味しいです♪

※カップの底に残った「出汁」の粉の食べられます。(^^♪

※「やせる出汁」を作るのにミキサーが欲しい方、興味がある方こちらのサイトに1台ですがありました。

よかったらご覧ください。

「やせる出汁」を飲むと平均3日で効果を感じる

味覚には、甘味、塩味、苦味、酸味、うまみの5つがあります。

このうち、実は、うまみに対する味覚が鈍くなると甘味を摂るようになり、肥満になりやすいことが、国内の研究で明らかになっていて、工藤先生によると、「濃い味」に慣れた舌のため、「やせる出汁」の味が分からず最初の数日間は苦労したという意見が「やせる出汁」を試した方々から複数あったようです。

「やせる出汁」を美味しく感じるようになるまで、平均3日ほどなので、効果は早く現れるみたいです。

最初の3杯は美味しくないかもしれませんが、4日目の4杯目から美味しく感じるかもしれないので、飲み続けて下さい。

飲み続けた先には、嬉しい変化が待っているかもしれません(^^♪

スポンサーリンク

まとめ

「やせる出汁」私も是非試してみたくなりました。

かつお節煮干し・刻み昆布・緑茶は慣れ親しんだ味なので、続けられそうですね。

日本人なので「うまみ」成分が分かる「舌」でありたいですね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする