【交通事故】乗用車が反対車線まではみ出し、対向車と衝突・福井県・舞鶴若狭道

福井県で、反対車線まではみ出した乗用車が対向車と衝突する事故がおきました。

スポンサーリンク

事故の詳細

 29日午前10時10分ごろ、福井県若狭町の舞鶴若狭道で、下り車線を走っていた乗用車が反対車線まではみ出し、対向車と衝突しました。
この事故で、2台に乗っていた30代から70代の男女あわせて4人がけがをし、そのうち70歳の女性が意識不明の重体です。また、事故のため、およそ2時間にわたり上下線が通行止めとなりました。

当時、福井県内で雪が降っていて、舞鶴若狭道では冬用タイヤの装着の規制が出ていて、警察は事故の原因を詳しく調べています。
引用;https://news.tbs.co.jp

当時、若狭道では冬用タイヤの装着の規制が出ていました。

ノーマルタイヤでの運転だったのでしょうか。

ケガ人は?

この事故で、30代から70代の男女合わせて4人がケガをし、そのうち70代の女性が意識不明の重体です。

道路交通の影響は?

およそ、2時間にわたり上下線が通行止めになりました。

ネットの反応

冬タイヤ装着規制で冬タイヤを履いていたのだろうか。もし夏タイヤなら重過失としてきっちりと取り締まるべき。
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

真ん中にポールが立ってるだけの対面交通区間。
ここは超危険な高速道路だ。
何回も対向車と衝突した死亡事故起こってるし。たまに通るけど怖くて仕方ない。

引用;https://headlines.yahoo.co.jp

冬の高速対面通行で、上下線セパレートがこれでは怖い
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

冬タイヤ、チェーン規制を甘く見過ぎ。着けなければ違反です。
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

人の命をあずかって運転していることを忘れてはいけません。

ちょっとした不注意が、大きな事故に繋がります。

雪が降っていたり、見通しの悪い道路での運転は慎重に、気をはって運転するように私も心掛けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする