【火事】青森県で住宅火災2人亡くなり1人が意識不明の重体・八戸市

八戸市で住宅火災がおきました。乾燥したこの時期は、連日のように火災が発生しています。

火災が発生

 
引用:www.news24.jp

 3日午前2時ごろ、青森県八戸市江陽2丁目の木造3階建て住宅兼作業場から火が出ていると119番があった。焼け跡から1人の遺体が見つかったほか、救助された住人の自営業倉田康臣さん(71)の死亡が確認された。八戸署は、遺体は倉田さんの母親の貴江さん(94)の可能性があるとみて身元確認を進める。

 八戸署によると、他に2人が病院に搬送され、うち1人は60代女性で意識不明の重体。もう1人は命に別条はないとみられる。同署が出火原因を調べている。
引用:https://this.kiji.is

住宅火災は16時~翌5時に発生することが多いようです。

火災発生付近の地図

木造3階建て住宅兼作業場から出火しました。

最寄り駅

家は、JR小中野駅から北西約700メートルの住宅街です。

新しい情報


引用:www.news24.jp

3日午前2時ごろ、青森県八戸市江陽2丁目の自営業倉田康臣さん(71)の自宅兼作業場から出火、木造一部3階建て約300平方メートルを全焼した。焼け跡から1人の遺体が見つかったほか、救助された倉田さんと倉田さんの妹恵子さん(69)の死亡が確認された。八戸署は、遺体は連絡が取れない倉田さんの母親の貴江さん(94)の可能性があるとみて身元確認を進める。

八戸署によると、倉田さんは4人暮らし。倉田さんの弟盛正さん(63)は病院に搬送されたが、命に別条はないとみられる。同署が出火原因を調べている。

現場はJR小中野駅の北西約700メートルの住宅街。
引用:https://www.fukuishimbun.co.jp

意識不明の重体の方の死亡が確認されました。

亡くなられた方

名前:倉田康臣(くらた・やすおみ)さん

年齢:71歳

職業:自営業

住所:青森県八戸市江陽2丁目

名前:倉田貴江(くらた・ふみえ)さん※亡くなったのは倉田さんの母親とみて、現在身元の確認を進めています。

年齢:94歳

職業:無職

病院に搬送された方

60代の女性・意識不明の重体(ニュースで亡くなられたことを伝えてました)

※身元が判明しました。

名前:倉田恵子(くらた・けいこ)さん※倉田康臣さんの妹

年齢:69歳

※もう1人病院に搬送された方は命に別条はありません。

※身元が判明しました。

名前:倉田盛正(くらた・のりまさ)さん※倉田康臣さんの弟

年齢:63歳

火災と気象の関係

空気が乾燥してくると、火災が発生しやすくなるといわれています。
雨がほとんど降らず、晴れの日が続くと、天気予報で「乾燥注意報」という言葉を良く耳にすると思います。では、乾燥注意報とはどのようなときに発表されるのでしょうか?
乾燥注意報は、火災に対する注意を促すために、次の二つの条件を満たしたときに気象庁から発表されます。
本市の場合、ひとつは、一般的に言われている湿度(相対湿度といい、空気中の水蒸気量の比率をいう)が一日のうちで最も低いときに35%以下になると予想される場合、もうひとつは、実効湿度(木材の乾燥の程度を表す。)が55%以下の場合です。実効湿度が50%以下になるとマッチ1本で木材に火がつくとも言われているのです。
次のグラフは横浜市内で過去10年間に発生した火災件数と湿度の関係について表したものです。空気が乾燥する12月から3月にかけて多くの火災が発生しています。
引用:www.city.yokohama.lg.jp

上記の引用元には火災を防ぐ防止策なども記載されていますので、参考にしてみて下さい。

まとめ

火の元のは注意していても、火災原因は漏電や放火の場合もあるので注意が必要です。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする