男性警部補(36)けん銃で自殺か?・正月におきた事件の責任をとった?・原宿警察署

原宿警察署の男性警部補がけん銃で自殺しました。

スポンサーリンク

事件概要

 2日午後10時すぎ、東京・渋谷区にある原宿署の地下1階の倉庫の中で、交通課に所属する男性警部補(36)が頭から血を流して死亡しているのを、姿が見えないと探していた署員が見つけました。

警部補の近くにはけん銃が落ちていて、今のところ遺書などは見つかっていませんが、自殺を図ったとみられています。

警部補は2日の朝から宿直勤務に入り午後9時から休憩をとっていて、去年の大晦日から正月にかけては原宿周辺の警戒にあたっていたということです。
引用;https://news.tbs.co.jp

死にたくなるくらいの悩み事があったのでしょうか?

事件現場

警部補のプロフィール・顔画像は?

名前:公開されていません。

年齢:36歳

職業:警察官

※顔画像は公開されていません。

動機は?

記事によると、遺書などは見つかっておらず。

詳しいことは、分かっていません。

年末年始と忙しく業務をこなしていたと思います。

誰にも相談出来ず、一人悩んでいたのでしょうか。

突発的なことだったのでしょうか。

詳しいことが分かり次第追記します。

ネットの反応

警察官の自殺原因はパワハラが多い。
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

事件の責任を取ったんだね
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

36歳で警部補まで出世できたのに・・・一体何があったの?
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする