事故現場から逃げた男飯村修自容疑者(29)逮捕!顔画像・連続強盗事件も関与か?

今年9月、車4台を含む事故をおこしながら、現場から逃げた無職の飯村修自容疑者(29)が逮捕されました。

スポンサーリンク

事件概要

ことし9月、小美玉市の国道で車4台を巻き込む事故を起こして3人にけがを負わせその場から逃げたとして、29歳の男が警察に逮捕されました。
男は、容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、小美玉市田木谷の無職、飯村修自容疑者(29)です。
警察によりますと、飯村容疑者はことし9月14日の午後6時半ごろ、小美玉市栗又四ケの国道で乗用車を運転中に前を走っていた軽自動車に追突し、その後対向車線にはみ出して、反対から走ってきた乗用車2台に衝突するなど車4台を巻き込む事故を起こしたあと、車を乗り捨てその場から立ち去った疑いが持たれています。
この事故では、63歳の男性1人が胸の骨を折る重傷を負ったほか28歳と43歳の女性2人が軽いけがをしたということです。
警察は、周辺の防犯カメラの映像を解析するなどして捜査を進め30日、飯村容疑者をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。
調べに対し、容疑を否認しているということで、警察が、当時の状況についてさらに詳しく調べています。
引用;https://www3.nhk.or.jp

容疑者プロフィール

名前 飯村修自
年齢 29歳
職業 無職

他の事件も関与?

警察によると、飯村容疑者のDNA型が先月29日、茨城県笠間市と石岡市で起きた連続強盗事件の現場に残されたDNA型と一致したということです。

警察は飯村容疑者がそれらの強盗事件にも関与した疑いがあるとみて調べています。

先月29日の午前8時半頃、笠間市ホテルのフロントで女性従業員にハサミのようなもので「金を出せ」と脅し現金5万円を取って白いワンボックスカーで逃走しました。防犯カメラには犯人と思われる映像が残されています。

その30分後、石岡市のパチンコ店で店長を脅迫し、

さらに10分後、路上で80歳のドライバーが刃物のような物を突き付けられ、現金2万4千円を奪われました。

この3件の事件と飯村容疑者のDNAが一致し、警察が調べています。

まとめ

車4台をふくむ事故をおこし、3人にケガを負わせたうえ現場から逃げるとは無責任な容疑者です。

先月29日に起きた事件にも関与している可能性があり、罪を認めて事件を明らかにして欲しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする