高知県・中学教諭生徒10人以上密室でわいせつ行為

運動部の顧問が、女子生徒10人以上にわいせつ行為をしました。

スポンサーリンク

事件概要

 顧問を務める運動部の女子生徒10人以上の体を触るわいせつ行為をしていたとして、高知県教育委員会は5日、公立中学校の30代の男性教諭を懲戒免職処分にし、発表した。教諭は「コンディションを整えるための体をほぐす行為だった」とわいせつの意図を否定しているという。

引用;https://www.asahi.com

県教育委員会によると、教諭は2015年10月~今年9月、教室など学内外で10人以上の女子生徒の体を必要以上に触った。

複数の生徒の保護者が9月に学校に連絡し、発覚した。

県教員に対し、生徒は「断り切れなかった」「とても嫌だった」などと話しているという。

教諭という立場を悪用して、なにも言えず、無抵抗の女子生徒に対する卑劣な行為、決して許してはいけない行為です。

学校側は、被害にあった女子生徒の心のケアをしっかりとやって欲しいです。

事件のあった学校は?

現在分かっているのは、高知県中部にある中学校だと言うことです。

【中部エリア】

高知市・土佐市・佐川町・日高村・越知町・仁淀川町・いの町・土佐町・大川村

本山町・大豊町・香美市・香南市・南国市

この何処かのなかの中学校だと思われます。

教諭の顔画像は?

県教員は、被害者家族の強い要望や被害者のプライバシーの保護、二次被害を防ぐことを理由として、男性教諭の氏名や年齢など具体的な内容は公表していません。

スポンサーリンク

まとめ

子どもの心身に深い傷を付け、男性に対する恐怖心は簡単に取り除くことは出来ないと思います。

親に打ち明けるのも、勇気がいったことでしょう。

この様な事件は後を絶ちませんが、子どもが直ぐに、何でも話せる環境をつくってあげて欲しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする