【アポ電逮捕】須江拓貴容疑者・酒井佑太容疑者・小松園竜飛容疑者顔画像あり

東京・江東区で緊縛事件がおき、高齢の女性(80)が亡くなりました。

2019年に入り、同様の事件が相次いで発生しています。

スポンサーリンク

事件概要


引用:https://www.fnn.jp

東京・江東区のマンションで、高齢女性が体を縛られた状態で死亡しているのが見つかった事件。

女性は、1人暮らしの加藤邦子さん(80)と判明した。

事件が発覚したのは、2月28日午後2時前。

掃除のために訪れたケアマネジャーが、自室の床で、あおむけに倒れていた加藤さんを発見した。

目立った外傷や着衣の乱れはなかったものの、両手足と口には、粘着テープやラップのようなものが巻かれていたという。

玄関のカギは開いたままで、部屋全体に物色した跡があったことから、金品が取られている可能性が浮上。

警視庁は1日、強盗殺人事件と断定し、特別捜査本部を設置した。
引用:https://www.fnn.jp

犯人はまだ捕まっていませんが、メディアによると、複数犯の犯行と分かっています。

被害に遭われた方

名前:加藤邦子(かとう・くにこ)さん

年齢:80歳

職業:無職

住所:東京都江東区東陽

被害者の方の顔画像


引用:https://news.tv-asahi.co.jp

綺麗な方です。


引用:https://news.tv-asahi.co.jp

歌を習っていたようです、趣味も色々とあったように思います。

スポンサーリンク

事件現場付近の地図

事件現場は、この地図上のどこかのマンションでおきました。


引用:https://www.fnn.jp

発見された状態


引用:https://www.fnn.jp

口や手を、粘着テープやラップのようなもので巻かれていて、目立った外傷や着衣の乱れはなかったようです。

スポンサーリンク

通報したのは?

掃除をするため、部屋を訪れたケアマネージャーが、あおむけに倒れている加藤さんを発見し、110番通報をしました。

不審者を目撃をした人


引用:https://www.fnn.jp

目撃者の人の話しによると、2月28日午前11時15分か20分ぐらいに、フード付きの黒い服にマスクをしたいかにも怪しい3人が、急いで車に乗り込み、木場方面に向かっていったと話してました。

3人の情報

この事件では、覆面をした3人組の男が、高齢夫婦の体を縛り、現金およそ2,000万円と宝石などを奪い逃走した。

事件前には、息子を装う男から、「自宅に現金があるか?」などを確認する電話があったことがわかっている。

こうした偽の連絡は、犯行グループによるアポイントメントの電話、いわゆる“アポ電”と呼ばれるもの。

引用:https://www.fnn.jp

追記:容疑者逮捕!

スポンサーリンク

須江容疑者のプロフィール

名前:須江拓貴(すえ・ひろき)

年齢:22歳

職業:無職

住所:不定

須江容疑者の顔画像


引用:https://news.tbs.co.jp

酒井容疑者のプロフィール

名前:酒井佑太(さかい・ゆうた)

年齢:22歳

職業:不詳

住宅:不詳

追記須江容疑者酒井容疑者は、長野県出身で同級生のようです。

酒井容疑者の顔画像


引用:https://news.tbs.co.jp

スポンサーリンク

小松園容疑者のプロフィール

名前:小松園竜飛(こまつぞの・たつみ)

年齢:27歳

職業:土木作業員・格闘家

住所:神奈川県川崎市

小松園容疑者の顔画像


引用:https://news.tbs.co.jp

犯行の手口

犯行グループは、犯行前に相手の資産状況を聞き出す「アポ電」をかけてました。

2019年に入り、東京都内では、同様の手口の緊縛強盗が相次いで発生しています。

スポンサーリンク

1月には渋谷区初台で発生

この事件では、覆面をした3人組の男が、高齢夫婦の体を縛り、現金およそ2,000万円と宝石などを奪い逃走した。

事件前には、息子を装う男から、「自宅に現金があるか?」などを確認する電話があったことがわかっている。

こうした偽の連絡は、犯行グループによるアポイントメントの電話、いわゆる“アポ電”と呼ばれるもの。
引用:https://www.fnn.jp

防犯カメラの映像


引用:https://www.fnn.jp

少し分かりずらいですが、3人映っています。

1人だけ、グレーのパーカーのような服を来ています。

警察は、この3人が事件に関わっているとして、行方を追っています。

ネットの反応

この手の話でいつも思うんだけど、なぜ65歳以上の高齢者を相手にした場合の罰則を2倍とか3倍とかにできないの。弱者として世の中扱っているんでしょう。甲があり乙があって詐欺行為とかの犯罪が成り立つ。被害者側にだけ注意喚起しても、加害者側の思考も考えてないとなくならないのでは?
引用:https://headlines.yahoo.co.jp

自宅にいまお金ありますか?と聞かれれば、ありますとは答えないはず。
きっと巧妙な手口で聞き出すのだろうから、具体的にどういう聞き方をするのかゼヒ教えてほしい。
引用:https://headlines.yahoo.co.jp

高齢者の情報を、誰かが犯罪者に流しています。
役所しか知り得ない情報ですが。
引用:https://headlines.yahoo.co.jp

特殊詐欺もそうだが、高齢者の無警戒ぶりが目立つ。
年齢的にそうなってしまうのか、他人の恐ろしさを体験することなく、平和な人生を歩んできた人生観の問題か。
いくら警察やマスコミが啓発しても、当の本人達が無警戒ならどうしようもない。
根本的に対策を改めなければいけない気がする
引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

大金を持っている高齢者を、どうやって見つけるのでしょうか?

そして現金が家にあることを、どうやって聞き出すのでしょう…

このような被害が、これからもおきると思います、何か良い対策を考えて欲しいと願います。

亡くなられた加藤邦子さんのご冥福をお祈りいたします。

追記:現在、容疑者ら3人は、犯行を否認しています。

近隣に住んでいる方々は安心していると思います。

事件真相が、明らかになることを願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする