熊沢英昭・学歴・経歴は超エリート息子(44)は無職で有名なゲーマー?胸を刺し死なす練馬区

東京・練馬区で農林水産省の元事務次官無職(44)の息子刺して死なす事件がおきました。

日頃から息子ともめていたのでしょうか?

元事務官の熊沢英昭容疑者の学歴や経歴を調べてみました。

6月2日追記

スポンサーリンク

事件概要

引用;https://news.tbs.co.jp

農林水産省の元事務次官が1日、同居している44歳の長男を刺して殺害しようとしたとして、警視庁に逮捕されました。刺された長男は死亡しました。

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、東京・練馬区に住む農林水産省の元事務次官、熊沢英昭容疑者(76)です。熊沢容疑者は1日午後3時半すぎ、自宅で同居している長男で無職の英一郎さん(44)の胸などを複数回刺し、殺害しようとした疑いが持たれています。

英一郎さんは搬送先の病院で死亡が確認されました。取り調べに対し、熊沢容疑者は「包丁で刺したことは間違いない」と容疑を認めているということで、警視庁は容疑を殺人に切り替え、当時の状況を調べる方針です。

熊沢容疑者は1967年に旧農林省に入省、2001年からは事務方トップの事務次官を務めていました。
引用;https://news.tbs.co.jp

定職につかない息子を悲観しての犯行でしょうか?

どんどん年老いていく親は、40を過ぎても働かない息子に不安を感じてていたのかも知れません。

もしかしたら、息子さんに働けない事情があった可能性もあります。

新しい情報が入り次第追記します。

スポンサーリンク

熊沢英昭容疑者のプロフィール・経歴

名前:熊沢英昭(くまざわ・ひであき)

年齢:76歳

住所:東京都練馬区早宮4丁目

学歴:東京大学・法学部卒業

出身地:岐阜県

容疑:殺人

経歴

  • 1967年農林水産省入省
  • 大臣官房総務審議官
  • 畜産局長
  • 経済局長
  • 1998年7月農林水産省審議官
  • 2001年1月農林水産省事務次官
  • 2005年チェコ大使

熊沢英昭容疑者の顔画像

引用;https://news.tbs.co.jp

スポンサーリンク

自宅付近の地図

保育園や小学校があり、住みやすい住宅街のようです。


引用;https://news.tbs.co.jp

息子さんの情報

名前:熊沢英一郎(くまざわ・えいいちろう)さん

年齢:44歳

職業:無職

住所:東京都練馬区早宮4丁目

英一郎さんについては、ネットゲームドラクエ10の有名人とうわさもありますが、詳しいことは分かっていません。

新しい情報が入り次第追記します。

スポンサーリンク

動機は?

SNSなどで、言われている通り無職で、ゲームの達人であったならば、課金など数十万円使っていたかも知れません。

無職の息子を残して、先に逝くのが不安で犯行に及んでしまったのでしょうか?

英一郎さんの胸を、複数回刺していることから、強い殺意を持っていた可能性があると思われます。

追記:英一郎さんから、「日常的に暴力をふるわれていて、身の危険を感じていた」と供述しているようです。

スポンサーリンク

ネットの反応

44才の息子が無職で引きこもり(?)
暴力まで振るわれてたなら、相当追い込まれてたんでしょうね。

もと官僚としてのブライドもあったろうし、日々情けない思いと怒りと最終的に殺してしまう位なら、然るべき機関に相談するとか何か方法は無かったんだろうか?

これだけ引きこもりが問題になっている今政府も対策を考えなくてはいけないのでは?
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

理由もなく引きこもりや無職の人間が親と一緒に暮らしている状態が良くない。
息子がこの年齢になるまで突き放せなかった親に原因があるんだから、自らの手で始末をつけるしかなかったんだろう。
自分は親子どちらにも同情ができない。

引用;https://headlines.yahoo.co.jp

父親の方もあまり褒められたものではないけどね
BSEのとき証拠となるものを隠蔽して不祥事関連で辞任した経緯がある
親にして子ありといった感じだ

引用;https://headlines.yahoo.co.jp

川崎の事件をうけての「一人で死んでくれ」の世論が父親に影響を与えた可能性は否定できない
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

例え、羨ましいそうなご近所さんでも、中に入れば、なかなか上手くいってませんよ。色々な問題を抱えていたり、問題をわざわざ作っているご家族さんもおられますね。
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする