スーパー従業員刺傷事件・藤井裕幸容疑者逮捕・顔画像・どんな人物?

京都市のスーパーでパート従業員の女性(35)が刺されました。

防犯カメラには、容疑者とみられる男が包丁のような刃物を持って歩いているのが映ってました。

スポンサーリンク

事件概要


出典;ライブドアニュース – livedoor

16日午後、京都市左京区のスーパーで、パート従業員の女性が男に刃物で数か所を刺された事件で、警察は、すでに身柄を確保していた近くの集合住宅に住む45歳の男を殺人未遂の疑いで逮捕しました。

16日午後2時すぎ、京都市左京区のスーパー、「イズミヤ高野店」の1階で、35歳のパート従業員の女性がレジの近くで突然男に刃物で首や背中の数か所を刺されました。

警察によりますと、女性は病院への搬送時は意識がありましたが、現在の容体はわからないということです。

警察は、目撃情報などからスーパーから逃走し、現場近くの集合住宅の部屋に戻った男が関与をほのめかし、室内から凶器とみられる包丁も見つかったことなどから、殺人未遂の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは無職の藤井裕幸容疑者(45)です。

調べに対し「包丁で刺したことに間違いはありません」と容疑を認めているということで、警察は動機を含め事件の詳しいいきさつを調べています。

現場は京都の下鴨神社から東に1キロほどの大通り沿いに店やマンションなどが並んだ地域で、昼間は買い物客などで多くの人通りがある場所です。
引用;https://www3.nhk.or.jp

藤井裕幸容疑者のプロフィール

名前 藤井裕幸(ふじいひろゆき)
年齢 45歳
住所 京都市左京区高野東開町
職業 無職

藤井裕幸容疑者とはどんな人物なのでしょうか?

藤井容疑者の知り合いだという60代の女性は、「6年前から集合住宅に1人で暮らしていて、この間、トラブルはなかったようだが、2、3か月ほど前からゲームや音楽の騒音で近所から苦情が出ていた。さらに、1か月ほど前には玄関のドアを壊すなどのトラブルもあったので、警察にも相談していた。声を荒らげるなど攻撃的な感じもあり、『何か事件を起こさなければいいが』と思っていた。過去のトラブルの際に警察がもっと対応をしてくれていたら、今回のような大ごとにならずに済んだのではないか」と話していました。

頭にくるとトラブルをおこすようなタイプの人物のようです。

スポンサーリンク

まとめ

被害者の女性は重傷を負いましたが意識はあるようです。

犯人も直ぐに逮捕されたので、ひとまず安心です。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする