東京・池袋事故・遺族(夫)の会見・失意の中、数日間「生きている意味があるのか」自問自答・辛すぎる

東京・池袋で10人が死傷した事故で、亡くなった松永真菜さんと莉子ちゃん告別式が行われました。

その後、真菜さんの遺族(夫)会見が行なわれました。

スポンサーリンク

告別式参列者の話し


引用;news.tvi.jp/

スポンサーリンク

参列者「受け止められないというか、いまだに信じられない気持ちで、なんで2人なんだろうっていまだにウソなんじゃないかって思ってます」
引用;news.tvi.jp/

「(真菜さんは)本当に周りから愛されて、すばらしい人でした。(莉子ちゃんは)恥ずかしがり屋でお母さんが一番大好きな女の子。2人の命を無駄にしないためにも社会全体で考えていってほしいなと思います」
引用;news.tvi.jp/


引用;news.tvi.jp/

参列者の方々は、声をを詰まらせながら、真菜さんと莉子ちゃんのことを語っていましたいました。

スポンサーリンク

遺族(夫)の会見


引用;www.news24.jp

24日夕方、真菜さんの32歳の夫が会見し「最愛の妻と娘を突然失い、ただただ涙することしかできず絶望しています。娘がこの先どんどん成長し、大人になり、妻と私のもとを離れ、妻と寿命つきるまで一緒にいる、そう信じていましたが、たった一瞬で私たちの未来は奪われてしまいました。悔しくて悔しくて、しかたがありません」と話しました。
引用;https://www3.nhk.or.jp


引用;https://www.tv-tokyo.co.jp

見ず知らずの多くの方たちが、献花台に花をたむけてくれていることに、感謝の言葉を述べていました。

そして、この数日間、何度もこの先「生きていく意味があるのか」と自問自答してたそうです。

失意の中、辛く孤独な日々を送っていることをが伝わります。

真菜さんは、自分にないものを沢山持っていてる素晴らしい女性でしたと、話していました。

真菜さんと出会ったことで、自分の性格も変わったと言っています。

ご主人は、腎臓が悪く、真菜さんは体に良い料理を作ってくれって、腎臓も良くなったと話し、体の面でも心の面でも、成長させてくれたと言っていました。

莉子ちゃんは、とても人見知りで、公園へ行ってもお友達を作って、一緒に遊ぶようなことはなかったようです。

お母さんのことが大好きで、ご主人のところにはあまり来なかったようですが、今は「自分にもなつくように」なったと話してました。

ご主人と真菜さんにとって莉子ちゃんは、「宝」何ものにも代えられない存在と言ってました。

会見では、言葉につまりながらも、しっかりと話してました。

また、車の運転に不安のある人は、今一度家族と話し合って欲しいと言ってました。

そして、事故で亡くなる人が減れば、亡くなった真菜さんと莉子ちゃんも浮かばれるのではないかとも話してました。

飲酒運転スマホを操作しながらの運転、あおり運転についても触れていました。

スポンサーリンク

ネットの反応

私には決して出来ない事だと思います
素晴らしい立派な会見でした!
安全運転を心がけるように改めて考えました
あなたの家族との思い出は私は知らないで軽々しくコメントは出来ないですが あなたの言った こういった事故が無くなるように 写真公開したと言う立派なコメントに感銘致しました
生きる意味があるのだろうか?とおっしゃってましたが必ず生きて欲しいです!
お願いします。

昨年末に亡くなった73才の父に、私たち家族は何度もケンカしながら車の鍵を取り上げ運転をさせませんでした。本人は大丈夫だと言っており、田舎なので交通手段に不自由でしたが、通院の時は家族の送迎やタクシーを利用しました。
家族の判断も大切です。 車は便利なのは分かりますが、人の命を奪う凶器であることも忘れないでほしいです。
引用;https://headlines.yahoo.co

昨年末に亡くなった73才の父に、私たち家族は何度もケンカしながら車の鍵を取り上げ運転をさせませんでした。本人は大丈夫だと言っており、田舎なので交通手段に不自由でしたが、通院の時は家族の送迎やタクシーを利用しました。
家族の判断も大切です。 車は便利なのは分かりますが、人の命を奪う凶器であることも忘れないでほしいです。

引用;https://headlines.yahoo.co

状況で立派な会見でした。加害者と比にならないくらい素晴らしい家族です。加害者は、はやく罪を償ってください。
引用;https://headlines.yahoo.co

昨日、CBCテレビのゴゴスマで
中部大学教授の武田邦彦って人が
「高齢者より20代の方が事故率が高いから免許返納させろ」
「高齢者は慎重だから安全」
とわめいていたけどこの遺族の前で
同じ事言ったらどう思うか想像できないのだろうか
引用;https://headlines.yahoo.co

残念ながら、日本のマスメディアは遺族の味方ではありません。
遺族をさらし者して楽しんでいるだけです。
そして裏側では、飯塚さんをかくまい、この問題を早期に封じ
逃げ切らせるために動いているのです。

引用;https://headlines.yahoo.co

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする