下町の喫茶店15歳の看板娘猫のさくらちゃん

お客様が大好きな「さくらちゃん」

スポンサーリンク

荒川区南千住にある素盞雄(すさのお)神社から千住大橋に向かう日光街道沿いにある喫茶店「リオ」はマスターとママ、そして看板猫のさくらちゃんを加えた家族経営のお店です。

「おいしいランチと居心地のよさ」で地域の人たちの憩いの場になっています。

さくらちゃんは、おなじみさんでも初めてのお客さんでも、すっ飛んでいってご挨拶します。

2階で寝ていても、下から「さくらちゃん、お客さまだよ~」と声をかけたら下りてくるくらい仕事熱心と、ママは笑う。

看板猫のさくらちゃん

さくらちゃんは、丸いお顔に丸い目がキュートな小ぶりの猫です。

アイコンタクトで「いらっしゃいませ」をした後、お客さまが来たのを喜んで、しばし店内を尻尾を揺らしながら歩き回ります。

さくらちゃんには、看板猫としての心意気があります。

足元で甘えたり、向かいの席で相席したりしていても、食べ物が運ばれてきたとたん、「どうぞごゆっくり」とばかり、スッと席から離れます。

また、「この人は今、落ち込んでいるな」と察すると、そっと隣に座るなどしてお客さまを優しく見守ります。

喫茶店「リオ」

喫茶店を開く前の夫婦は、おなじみ場所で八百屋を営んでいました。

それなりにやっていけてたのですが、大きなスーパーができると、買い物客の流れがスーパーに行ってしまったそうです。

40年前のことです。

「何とかしなくちゃ」と一念発起したのがママでした。

上野の喫茶店で修業して、コーヒーの入れ方や接客を学び、八百屋を喫茶店に改装しました。

八百屋時代にも売っていた自家製の野菜のうま煮や天ぷらのついたランチが人気を呼び、昼休みに遠くの工場から自転車で来る人や、夕飯を食べて夜勤に向かう人でお店は賑わいました。

その頃、ネズミ除けとしてもらってきたのが、初代さくらちゃんです。

初代さくらちゃんは白黒の猫でした。

その初代さくらちゃんを亡くし、気落ちしていた2003年の秋に、お店に出入りしていた女性が生まれたての子猫をポケットに入れて連れてきたのが、今の2代目さくらちゃんです。

哺乳瓶で大切に大切に育て上げらてたさくらちゃんは、恩返しをしたかったのでしょう、お店の看板猫になり、お店を守ってきました。

さくらちゃんがゆっくりと年をとっていったこの15年で、界隈の風景もだいぶ変わりました。

町工場がどんどんなくなり、地方からの労働者も町から消えました。

5~6年前までは、正月もお店を開けて、故郷に帰らない人たちのために、「お雑煮」や「おせち料理」をメニューに出していました。

去年はママが夏バテしてしまい、「お店のたたみどきかな」とも考えたそうです。

しかし、その思いをとどまらせたのが、なじみのお客さんたちの「休みを増やしても続けてほしい」という声と足腰が弱ってきて、昼寝の時間がだんだん長くなっても、変わらずに接客にいそしむさくらちゃんの姿でした。

夫婦は話し合って、閉店時間を19時から15時に引き上げました。

この先は、定休日を増やすなど、マスターとママの体力に応じて営業していくことになりますが、お客さんがここでの食事とさくらちゃんとの時間を楽しみにしてる限り続けていくと言っています。

不死身の猫

実はさくらちゃん、別名「富士見町のさくら」と言います。

よちよち時代に、ボードに「今日のランチメニュー」を書き込んでいたママの足元にやってきたのを、気付かなかったママに思い切り踏まれて、ピクリとも動かず、息をしている気配もない。ママは死んでしまったと思い、泣く泣くペットの火葬の手配まで考えていると、翌日の早朝、「にゃあ」と起きてきました。

3年前には、急にガクッと元気がなくなり、動物病院でレントゲンを撮ったところ、「黒い影だらけ、末期のガンでもう手遅れ」と宣告。

家で看取ろうと連れて帰りました。

ところが2日後、「体も冷たくなり、そろそろかと」覚悟していると、2階から店に下りてきて、好物のサバをむしゃむしゃ食べて、大復活!

その後、何事もなく元気で今に至ります。

スポンサーリンク

まとめ

下町の雰囲気漂う南千住、近くにお越しの際はさくらちゃんに会いに行って

下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする