高千穂町6人殺害事件・飯干昌大さんの女性関係が原因か・顔画像

宮崎県高千穂町の民家で6人の遺体が見つかりました。

スポンサーリンク

事件概要

26日午前11時すぎ、宮崎県高千穂町押方の飯干保生さん(72)方で、7歳の女児を含む男女6人の遺体が発見された。遺体の一部に外傷があり、宮崎県警は殺人事件として捜査を始めている。県警によると、町内の橋の下からさらに男性1人の遺体が発見された。

 県警によると、飯干さんは妻(66)、次男(42)、次男の妻(41)、次男夫婦の長男(21)、長女(7)の計6人住まい。「一家に電話がつながらない」と親族から相談を受けた警察官が飯干さん方を訪れ、屋外で女性1人、屋内で男性3人と女性2人の遺体を発見した。その後、町内の神都高千穂大橋の駐車場で次男の車が見つかり、橋の下で男性1人の遺体が見つかったという。
引用;https://www.nishinippon.co.jp

連絡の取れなかった次男の車が神都高千穂町の民家大橋の駐車場で見つかり、橋の下で男性の遺体が見つかりました。

遺体は次男なのでしょうか?

家族構成         

・飯干保生さん(72) 妻の実穂子さん(66)

・次男の昌大さん(42) 妻の美紀子さん(41)

・昌大さんの長男の拓海さん(21) 長女の唯さん(7)


出典;NEWS+α

遺体の身元

身元はこの家に住む家族と知人の男性と分かりました。

飯干保生さん(72)

飯干実穂子さん(66)

次男の妻美紀子さん(41)

長男の拓海さん(21)

長女の唯さん(7)

知人の松岡史晃さん(44)

川から引きあげた遺体について、次男の昌大さん(42)と確認された。

事件の兆候

発見前日の25日から、知人の男性と親族との間で連絡が取れなくなっていたことが27日分かった。

知人の男性と見られる人物が25日に一家に生じたトラブルの仲裁に向かったとの情報もあり、県警はこの日に事件の兆候があったとみて調べている。

知人の男性は、隣町の五ヶ瀬町に住む農業・松岡史晃さん(44)と確認された。

スポンサーリンク

小さな集落で何が?

民家には小学校2年生の唯さん(7)も暮らしていた。

唯さんが通っていた押方小学校(児童数46人)の谷正勝教頭によると、2年生は5人全員が女子で仲の良いクラスだという。

毎日勉強や給食、休み時間を一緒に過ごしていた同級生はお友達が、急にいなくなってしまい、ショックは大きいと思います。

近所に住む女性は、唯さんについて「活発だが、初対面の人にはシャイな子。私の孫が来た時に、遊び相手になってくれた。事件に巻き込まれたとしたら、あまりにかわいそう」と語った。

また、隣の集落に住む70代主婦は「殺人事件なんて聞いたこともないのに、7人も亡くなるなんて」と絶句。「小学2年生の孫まで犠牲になったと思ったら、涙が出ます」と語った。

凶器はナタ?

家の中から、ナタのような凶器が見つかりました。

父親の飯干保生さん、昌大さんの長男の拓海さん、知人の松岡史晃さんは刃物で切り付けられた傷があり、室内で見つかりました。

昌大さんの妻、美紀子さんと長女の唯さんには傷はなく、首に絞められたようなあとがあり、重なるように室内で見つかりました。

母親の飯干実穂子さんは外で見つかり、首が切断された状態で見つかりました。

※殺害状況に差があり、県警高千穂捜査本部は事件の背景につながるとみて調べています。

家族内でのトラブルはあったのでしょうか?

親族によると、トラブルに心当たりはないと言っています。

朝日新聞の取材によると、昌大さん(42)と妻の美紀子さん(41)、唯さん(7)の3人は24日から1泊2日で熊本・阿蘇への社員旅行に参加。

楽しそうな様子で、家族で「来年もまた行きたい」と話していたという。

 事件の一報は26日午前10時20分。飯干さんの親族からの通報だった。駆けつけた警察官が、民家の室内や敷地で倒れている6人を発見。県警は、遺体に外傷があったことなどから、殺人事件として捜査を始めた。
引用;http://news.livedoor.com

実はあったトラブル昌大さんの女性関係

過去の昌大さんの女性関係を巡ってトラブルになっていたことが分かっています。

これが、事件の引き金となった可能性があるとみられている。

 近所の人はこう話す。

「飯干さん宅は長く林業、農業で生計を立てていた。地元ではよくある農家。いつも、飯干さんは農家の仕事に出かけ、温かいごく普通の家庭です」(近所の人)

 だが数ヶ月前から、一家ではトラブルが起こっていたという。

 飯干家と付き合いのある住民はこう言う。

「昌大さんはおとなしい人物で外に仕事にいっていたようだが、いずれも長続きしなかった。昌大さんと妻の美紀子さんが不倫など夫婦関係でもめてもおり、近所に住む昌大さんの知人男性がここ数カ月間、仲裁していたらしい。それでトラブルになったのではないか。昌大さんが6人を殺し、飛び降り自殺した可能性が強い」
引用;https://dot.asahi.com/

メディアによると、昌大さんは発覚前夜、夫婦間トラブルの仲裁を殺害された知人の男性に頼んでおり、2人の争いが高じて事件につながった可能性がある。

過去にも昌大さんの女性関係をめぐり夫婦間で深刻な争いごとがあったといい、県警は関連をしらべている。

うまくいっている様に見えた三世代家族

 綺麗な和音を奏でていたかに見えた3世代家族。しかし不協和音を聞く人もいた。
「長男が早くに亡くなっていて、昌大さんが大黒柱になる立場なんだけどさ。トラック運転手だからか、家を空けることが多くて、両親と嫁さんに村付き合いを全部背負わせていた。息子の拓海君との関係も良くなくてね。拓海君は前妻との子どもで、前妻は嫁いできて1年ちょっとで飛び出しちゃったんだよ。昌大さんの印象はあまり良くないよな」(別の住人)
 捜査関係者は、男女関係のもつれも視野に入れる。
「直前に、夫婦喧嘩をしていたとの情報もあり、知人の松岡さんは仲裁に入って被害に遭っている。喧嘩の理由が夫婦どちらかの不倫によるもので、松岡さんもその事情に詳しい人だった可能性は否めない。彼には最近結婚した奥さんが居るため、精神的なダメージが計り知れません」
 一家全員が死亡したことにより難航する捜査。松岡さんの妻、町外に住む三男などへの事情聴取で細い糸を手繰ることになる。
引用;https://www.dailyshincho.jp

知人の松岡史晃さん(44)は新婚だったと書いてありました。

これからという時に…奥さんも事情聴取を受ける心境ではないと思います。

新しく分かったこと

 昌大さんが出社しなかった日のことを、勤務先の木材会社の女性従業員が振り返る。

「これまで無断欠勤はなかった。本人に連絡をしたんですが、音信不通でした。昌大さんの弟(三男)に連絡がついたのでその旨を話し、警察に家に行ってもらったそうです」

 駆けつけた警察官が目にしたのが、血に染まった惨殺現場だった。

「仲裁してくる」という松岡さんの発言から、昌大さん夫婦はケンカしていたとみられる。一部近隣住民は「昌大さんの女性関係、いわゆる不倫が夫婦間のトラブルの原因らしい」と話した。

不倫トラブル説

 松岡さん宅近くに住む女性(68)は、

「父親も奥さんも“行くな”と止めたって聞きました」

「行くな」という理由が、呼び出された時間が夜9時近くと遅かったためか、トラブルが抜き差しならないものだったからなのかは、今のところ不明だ。家族から止められてもなお向かうほどの事情とはどのようなものだったのだろうか。

 松岡さんを知る人物によると「頼まれたら嫌と言えない人」(近隣の70代女性)、「消防団や地域でも後輩から人望があり、困ったことがあったらほおっておけないタイプ」(幼なじみの男性)

 面倒見のよさが災いし、事件に巻き込まれてしまったとも考えられる。

 不倫説が事実ならば、なぜ責められる側の昌大さんがキレたのか。一般的に、不倫されたほうが逆上し、凶行におよぶ、というケースは時折、起こるが……。

 昌大さんは、

「急にキレだす人ではなかった」(小・中学校時代の同窓生40代女性)

 しかし、両親や子どもたちも手にかけたとみられる。しかもナタで惨殺というむごいやり口で。

 親戚の女性(77)が明かす。

「保生さんは穏やかな人で働き者。トラブルもない。実穂子さんは宮崎の洋裁学校出身で、手先が器用。地域活動にも積極的で、いつもニコニコしていました」

 保生さんはしいたけ、米などを栽培する一方、土木作業員として働いていた。

 次男夫婦の不仲、不倫についても「聞いたことがなく根拠がわからない」(近所に住む40代女性)との声がある一方、「飯干さんの奥さんと松岡さんの仲を怪しんで、旦那が松岡さんを呼び出したって話です」(五ヶ瀬町の70代男性)と流言飛語が行き交っている。

 昌大さんの会社の同僚女性は、

「会社の飲み会に奥さんが一緒に来たり、迎えに来たりしていました。仕事が終わると“家族との時間を過ごしたい”と、いつもさっさと帰っていました」

 と昌大さんの家族思いの一面を明かす。

 事件前日から当日にかけて昌大さんは妻と娘を伴い社員旅行に参加していた。

「熊本・阿蘇にある温泉旅館に行きました。いつも一緒に行動し、食事のときも3人で並んで座っていました。帰りがけには“楽しかったね”“来年も来たいね”と唯ちゃんと奥さんは話していました。昌大さんはその様子をニコニコ見ていました。解散は25日の午後3時ごろでした……」(前出・同僚女性)

 そしてその数時間後、惨殺事件が起きることに……。

溺愛する娘まで……

 前出・同僚女性が話す。

「昌大さんは“息子に彼女がいるとよ”とうれしそうに話してくれたことがありました。“早くじいちゃんになるね”と言うと“困りますよ”と言いつつも、はにかんでいました。

 唯ちゃんも可愛くてしかたない感じで溺愛していましたね。道連れにしたのであれば残された先のことを考えたのかもしれません

 不倫を疑われていた可能性がある松岡さんは今年5月ごろ、長年付き合っていた女性と再婚したばかり。

「先月の祭りでは初めて奥さんを連れて来て、とても仲睦まじい様子でした」

 と、知人女性(68)。

 今年初めごろ、熊本のトラック運転手を辞め“親も年とって大変、いずれは家を継ぐ”と専業農家になった。

「両親も喜んでいました。おまけに集落を担っていく、中心になる人だとみんなで話していました」(前出・知人女性)。幸せ絶頂のところでかわいそう、と目を潤ませる。

 昌大さんは夫婦トラブル解決になぜ松岡さんを呼んだのか。第三者が口を挟めばよりこじれる可能性は高い。

 昌大さんと松岡さんはそれぞれ熊本県で働いており、2人の妻はともに熊本県出身で何らかの接点があったのか、ひも解くべき謎は依然多い。

「この辺りは年寄りが1人か2人で生活している家ばかりなので、三世代で同居は珍しい。息子さん夫婦と孫に囲まれて生活している保生さんはうらやましいなと思っていました」(前出・親戚の女性)

 そんな両親まで殺し、母親の首を切るほどの憎しみはどう醸成されたのか。

 押方小学校には唯ちゃんの机が生前のまま教室に残る。

「唯ちゃんの掲示物や荷物は担任が少しずつ片づけています。一気にやるとみんなショックを受けますからね。みんなひどく悲しんでいます」

 と、教頭。

 真相究明が待たれる。
引用;https://www.msn.com

飯干さん一家のことが少しずつ分かってきました。

昌大さんの女性問題があったとはいえ、ご近所や会社の方の話を聞くと不仲な家族には感じませんが…

家の中と外ではやはり違ったのでしょうか?

家族全員を手にかけ、知人までも…そしてなぜ母親の実穂子さんの首を切断したのでしょう。

強い殺意があったのか、実穂子さんが外に逃げ出して転んでしまい、力任せてにナタを振り下ろしてしまったのか…

真相は分かりませんが、ご家族と知人の松岡史晃さんのご冥福をお祈りいたします。

ネットの反応

スポンサーリンク

まとめ

小さな集落でなぜこのような悲惨な事件がおこってしまったのでしょうか?

知人を含め7人が亡くなりました。

昌大さんの女性関係のことで夫婦喧嘩になり、知人の松岡さんを呼んで話し合いをしていたのでしょうか?

おとなしい昌大さんを狂気に変えたのは何だったのでしょう…

昌大さんが亡くなってしまい詳しい動機は分からないままです。

子供たちの命は奪わないで欲しかったです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする