永原一輝容疑者(2等陸曹)顔画像?気を付けて!温泉施設「スパワールド」で女児裸盗撮・大阪市浪速区

大阪市浪速区にある「スパワールド世界の大温泉」10歳くらいの女児の裸を盗撮した男が逮捕されました。

子どもたちが多く集まるGWを狙った犯行でしょうか?

どのような方法で盗撮したのでしょう?

調べてみました。

スポンサーリンク

盗撮の詳細

大阪市内の温泉施設で女児を盗撮したとして、大阪府警浪速署は5日、府迷惑防止条例違反(卑わいな行為)容疑で陸上自衛隊信太山駐屯地(大阪府和泉市)の2等陸曹(36)(大阪府河内長野市)を逮捕した。容疑を認めているという。

 発表によると、2等陸曹は4日午後1時半~3時15分頃、大阪市浪速区の温泉施設「スパワールド」の男性浴場や更衣室で、腕時計に内蔵されたカメラを使用し、10歳くらいの女児の裸を撮影した疑い。

 2等陸曹の動きを不審に思った女児の父親が従業員に相談し、従業員がカメラに保存された動画を確認して同署に通報した。
引用;https://www.yomiuri.co.jp

記事によると、10歳くらいと記載されていますが、男性浴場に10歳くらいの女児は大きいように思えますが、どうなんでしょうか?

同い年の男児がいたら、恥ずかしいと思う年齢のような気がしますが、父親と一緒にいなければいけない理由があったのかも知れません。

スポンサーリンク

盗撮があったスパの地図

「スパワールド世界の大温泉ホームページ」

www.spaworld.co.jp

世界の大温泉ということで、温泉に世界各国の名前がついていて、近隣には観光地もあるので、観光に疲れたらゆっくり休んでいくのも良いですね。

永原容疑者の情報・顔画像は?

名前:永原一輝

年齢:36歳

職業:陸上自衛隊信太山駐屯地(大阪府和泉市)2等陸曹

住所:大阪府河内長野市桐ヶ丘

容疑:府迷惑防止条例違反(卑わいな行為)

※顔画像は公開されていません。

逮捕された経緯

永原容疑者は、4日午後1時半から3時15分頃、温泉施設「スパワールド世界の大温泉」男性浴場や更衣室で、腕時計に内蔵されたカメラを温泉使用し、10歳くらいの女児の裸を撮影していたらしく、永原容疑者の動きを不審に思った父親が、従業員に相談し、従業員がカメラに保存された動画を確認して、大阪府警浪速署に通報しました。

スポンサーリンク

動機は?

詳しいことは分かっていませんが、永原容疑者は小学生以下の女の子興味があったのかも知れません。

家族連れの多い時期を狙っていた可能性があります。

新しい情報が入り次第追記します。

※信太山駐屯地指令の伊藤優一郎1等陸佐「隊員がこのような事案を起こしたことは誠に遺憾」とコメントを出しました。

スポンサーリンク

ネットの反応

父親は10才の女の子を男湯に入らせるという事のリスクを考えなかったのか?
家庭の事情もあるとは思うが、10才って早い子だと初経を迎えている年齢でもある。
親にも責任があると思う。

引用;https://headlines.yahoo.co.jp

事件の内容もだけど、10歳で男湯に入れる親がどうかと思う。
2歳の娘がいるけど、どんなに小さくても男湯には入れたくない。

引用;https://headlines.yahoo.co.jp

年齢問わず、女の子を男湯に入れるのはかなり抵抗がある。
家庭の事情があれば、銭湯というのとは違う形を選べばいいと思う。

引用;https://headlines.yahoo.co.jp

この親子も問題。一人でお風呂は入れる年齢でしょ。家庭では一緒にお風呂入ってもよいかと思いますが、あくまで男湯というのを理解すべき親子です。
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

自衛官がダメだが、親もダメ。

今は、小さい子を性の対象と見る人もいるという認識を持たないと。
年齢はもっと引き下げたほうが良いし、出来れば入る時は同性の親の方にしたほうが良いんじゃないかな。

男のだったから、入るようになって(2〜3歳ぐらい)から一緒に男湯に入った。
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

まとめ

銭湯や温泉(公衆浴場)に異性の子どもと入浴するのは何歳まで可能なのでしょうか?

この件については、個人により認識は様々で、「年長さんはダメ」「小学校に入ったらダメ」と小学校入学前後を境界に考える人が多いようですが、「2歳~3歳」とより幼少期と認識する意見もあるようです。

条例で定められている年齢は?

東京都・愛知県・京都府の場合ですが…

東京都:10歳以上の男女は混浴させないこと

愛知県:8歳以上の男女は混浴させないこと

京都府:7歳以上の男女は混浴させないこと

となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする