【那須ハイランドパーク】アルバイト従業員命綱付け忘れた・なぜ事故はおきたのか?

8月5日に那須ハイランドパークでおきた事故は、アルバイト従業員が、命綱を付け忘れたことで、おきたようです。

安全確認はどのように行われていたのでしょうか…

スポンサーリンク

なぜ事故はおきてしまったのでしょうか?


引用;https://news.tv-asahi.co.jp

捜査関係者によると、利用客に装着することになっていた命綱を同園のアルバイト従業員が「つけ忘れた」と話しているといい、県警は園の安全管理を含め当時の状況を調べている。この従業員は7月下旬から働き始めたばかりだった。

引用;https://mainichi.jp

7月下旬に働き始めたばかりのアルバイト従業員に、なぜ任せてしまったのでしょうか?

命綱を付け忘れれば、大事故につながり、今回のように命を落とすことが起こるのです。

 同園によると、この遊具では通常、スタッフ1人が利用方法を説明した後、踏み台まではしごで登る前にヘルメットと命綱をつける決まりになっているという。

 しかし、横尾さんはヘルメットは着用していたが、命綱をつけていなかった。捜査関係者によると、横尾さんに説明したのは10代のアルバイト学生で、県警の事情聴取に命綱を装着し忘れたことを認めているという。
引用;https://mainichi.jp

事故がおきたのが8月5日です。

7月下旬から、働きだした10代のアルバイトの学生に1人でやらせていたとしたら、施設側に問題があると思います。

働きだして、日数の浅い不慣れなアルバイトの学生も気の毒に思います。

スポンサーリンク

ヘルメット・命綱の付け忘れ防止

同園によると、この遊具では通常、スタッフ1人が利用方法を説明した後、踏み台まではしごで登る前にヘルメットと命綱をつける決まりになっていたようですが、指差し確認のような決まりはあったのでしょうか?

「ヘルメットよし!」「命綱よし!」などのようなものです。

人の命が失われない為にも、事故原因を明らかにして、二度とこの様な事故がおきないように徹底していくことを願います。


引用;https://news.tv-asahi.co.jp

まとめ

今回の事故は、アルバイト従業員が、命綱を付け忘れるという、あってはならないことです。

ただ、アルバイト従業員も、7月下旬から働き出したという、日も浅くそして、10代の学生です。

大変なミスをしてしまい、ショックを受けていると思います。

心のケアを願います。

夏休みを楽しく過ごそうと、那須ハイランドパークを選び、遊びに来ていた横尾さん家族…

命を失う事故にあってしまい、なんと言っていいのか、言葉が見つかりません。

横尾一範さんのご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする