警部「お金を使うのがもったいない」万引きで停職・沖縄県

警部がお金を使うのが、もったいないと万引きをしました。

記事によると、9月と11月に万引きをしていますが、他にもありそうです。

スポンサーリンク

事件概要

 沖縄県警は21日、量販店でランニングウェアなどを万引きしたとして、窃盗容疑で逮捕、同罪で略式起訴された県警刑事企画課の警部、外間守文被告(39)(沖縄県糸満市)を、停職1か月の懲戒処分とした。外間被告は同日付で県警を依願退職した。

 発表などによると、外間被告は11月24日、同県豊見城市内の量販店で、ランニングウェアなど計8点(計1万円相当)を盗んだほか、9月には那覇市内のペットショップで水槽用のフィルター(約3万円相当)も万引きしたとされる。「お金を使うのがもったいないと思ってやった」と話しているという。外間被告については、那覇区検が今月20日、那覇簡裁に略式起訴している。
引用;https://www.yomiuri.co.jp

お金は支払いたくないが、物は欲しいと思ったのでしょうか。

単純にお金減っていくのが嫌とか、この商品に対してこの金額を支払いたくないと思ったのか、いずれにしても欲しい商品はお金を支払わないと手に入りません。

後は知人などに無料で譲り受けることです。

外間守文被告のプロフィール・顔画像は?

名前:外間守文

年齢:39歳

職業:警察官

※顔画像はまだ公開されていません。

略式起訴とは?

正式な裁判を開かずに書面審査で行う簡易裁判所の刑事裁判手続きをいいます。

検察官の請求によって、50万円以下の罰金、科料で、被害者が意義を申し立てないときに限り行います。

ネットの反応

※警察官、それも警部クラスが万引きをしても、停職とは何たる事か。警察組織の中でも模範を示し、部下の警察官の指導をするべき立場でありながら、自らが犯罪に手を染めるとは。間違いなく懲戒免職にする事案だろう。どれだけ身内に甘いのか?こんな甘い処分では、万引きしても大した罪では無いんだと、警察組織が示している事になってしまう。

窃盗で逮捕されても停職〇ヶ月で退職勧告されて、依願退職で
退職金も出すんですね。
民間の会社だと懲戒免職になってもおかしくない事件ですが…

警察はずいぶんあまい組織なんですね。

万引きして逮捕され、略式起訴までされても、停職処分で依願退職して退職金。公務員はいいなぁ。いつも同じような事がらあるとコメントに書かれるけど、身内に甘すぎる。もし自分も何かあったら依願退職して退職金もらおうと考えて、厳しい処分の前例を作りたくないだけとしか思えない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする