大阪・見知らぬ男が侵入女性の首を絞めて逃走

大阪で29歳の女性が何者かに首をしめられました。

犯人は逃走中です。

この記事でわかること

事件概要

 18日未明、大阪府貝塚市の集合住宅で一人暮らしの女性が侵入してきた見知らぬ男にひものようなもので首を絞められる事件がありました。女性に大きなけがはなく、男は逃走しています。
 午前2時前、貝塚市三ツ松にある集合住宅の一室で、この部屋に住む29歳の女性がヘッドホンをつけて1人でテレビゲームをしていたところ、室内の電気が消えました。
 女性がブレーカーを確認するため玄関に行くと50代くらいの男が無言で立っていて、ひものようなもので突然、首を絞めてきたということです。
 女性は部屋から逃げ出し、近所の人から通報を受けた警察に保護され、大きなけがはありませんでした。男は部屋からいなくなっていたということです。
 「『きゃー助けて』という声が聞こえて、また部屋の中でちょっと物が倒れるような暴れているような音が聞こえて」(近所に住んでいる人)
 女性は「男とは面識がない」と話していて、警察は殺人未遂事件として男の行方を捜査しています。(18日16:36)
引用;https://news.biglobe.ne.jp

部屋が急に暗くなり、ブレーカーを確認しに行ったところ、見知らぬ人が立っていて首をひものようなもので、首を絞められるなんてとても怖い思いををしたと思います。

犯人は捕まっていません。

情報が入り次第追記します。

ネットの反応

まとめ

襲われた29歳の女性は無事に助かって良かったです。

鍵をかけ忘れてしまったのでしょうか?

これからは鍵をかけたのを確認してから、部屋に入ったほうが良さそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする