【猛毒ヘビ7匹】長谷川佳久容疑者・自宅で無許可飼育の疑い・顔画像は?大阪府

大阪で猛毒のヘビを無許可で飼育していたとして、30代の男が逮捕されました。

スポンサーリンク

事件の詳細

猛毒を持つヘビなどを無許可で飼育したとして、大阪府警は爬虫(はちゅう)類専門のペットショップ店長、長谷川佳久容疑者(33)=大阪府八尾市山本町1丁目=を動物愛護法違反と特定外来生物法違反容疑で逮捕し、30日発表した。「違法と知っていたが、家で飼いたいという欲求を抑えきれなかった」と供述している。

生活環境課によると、逮捕容疑は昨年11月20日、人の致死量を超える猛毒を持ち、飼育には許可が必要な「ガボンアダー」(約94センチ)や「パフアダー」(約93センチ)など、ヘビ7匹のほか、特定外来生物カミツキガメを自宅で飼ったというもの。

長谷川容疑者宅は近鉄河内山本駅近くの住宅街の一角。ヘビは室内のプラスチックの衣装ケースや虫かごなどで飼われていたが、匿名の通報で発覚した。同課は入手経路を調べている。
引用;https://www.asahi.com

記事によると、猛毒のヘビを、プラスチックの衣装ケースや虫かごなどで飼っていたとのことですが、逃げ出した時のことは考えていたのでしょうか。

もしものことを考えると、とても怖いです。

長谷川容疑者の自宅付近の地図

長谷川容疑者の自宅は、河内山本駅近くにあるようです。

長谷川容疑者のプロフィール・顔画像は?

名前:長谷川佳久

年齢:33歳

職業:ペットショップ店長

住所:大阪市八尾市山本1丁目

※顔画像は公開されていません。

長谷川容疑者が無許可で飼育していた猛毒のヘビ


【ガボアンダー】


【パフアダー】


【ライノセラスアダー】

※それぞれ、人の致死量を超える猛毒を持っています。

長谷川容疑者はこの猛毒のヘビを7匹飼育していました。

スポンサーリンク

なぜ飼ってしまったのか?

長谷川容疑者によると、「違法と知っていたが、家で飼いたいという欲求を抑えきれなかった」と供述しています。

爬虫類を好きなのは分かりましたが、やはり猛毒を持っているヘビなどは、近くに住む方たちが、恐怖に怯えてしまいます。

ばれなければ良いでは、済まされません。

なぜ発覚したのでしょうか?

匿名の通報で発覚しました。

長谷川容疑者の知人でしょうか…

長谷川容疑者の自宅へ行ったことがある人物だと思われます。

ネットの反応

これは厳罰化したほうがいい。
ある意味、銃刀法違反に匹敵する。
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

いい迷惑だわ。
この人何も考えていないと思うけど。
よく捕まえてくださいました。
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

逃げ出したらどうしてくれるんだ?
悪質どころの騒ぎじゃない。
罰として一緒に浴槽に入れ。
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

ガボンアダーやパフアダーは危険。飼育するなら毒腺を取り牙も取らないと!

チップも埋め込まないとダメ。
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

違法と知っていて飼う欲求が抑えきれなかったって猛毒ヘビだよ?ヘビ好きなのかヘビを見ているのか好きなのか猛毒ヘビに噛まれて死にたかったか
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

こういった奴がいるから危険な外来生物がますます増えるんだ取り締まりが生ぬるいんじゃないか!
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

猛毒のヘビが逃げ出す前に発覚して良かったです。

どうやって入手したのでしょうか?

詳しいことが分かり次第追記します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする