しかられてベランダに出された2歳男児転落死か・大阪府

大阪でベランダに出された2歳男児が転落し、亡くなりました。

スポンサーリンク

事件概要

 大阪府警浪速署は5日、大阪市浪速区塩草1の11階建てマンションの3階から転落したとみられる男児(2)が死亡したと発表した。3階に住む母親(36)が「子どもがベランダから転落した」と3日午前11時55分ごろに119番。男児はマンション脇の路上に倒れており、5日午後に搬送先の病院で死亡した。男児が誤って転落したとみて調べている。

 浪速署によると、死亡したのは母親の次男。母親は3日午前に出かけようとした際、「おもちゃを散らかしていたので、叱ってベランダに出した」と説明。約10分後に確認すると姿が見えず、約9メートル下の路上に倒れていたという。頭部を強打しており、司法解剖して死因を調べる。

 ベランダには高さ約1・2メートルの柵があるが、父親(36)は「水槽などを置いていた」と話しており、次男が踏み台にして柵を乗り越えた可能性がある。

 自宅には当時、母親と長男(8)がおり、父親は仕事で外出中だった。【宮川佐知子】
引用;https://mainichi.jp

小さな男の子がベランダから落ちるという、痛ましい事故がおきました。

事件現場付近の地図

※11階建てのマンションの3階から転落

家族構成

父親:36歳

母親:36歳

長男:8歳

亡くなられた次男:2歳

なぜベランダに出したのか

浪速署によると、午前に出かけようとした際、「おもちゃを散らかしていたので、ってベランダに出した」と母親は説明しています。

出かける準備をしている最中に、おもちゃを散らかしているのに気付き、反省させるために、ベランダに出したのでしょうか。

8歳の兄に協力してもらって、一緒におもちゃを片付けてもらえば良かったのかと…

今となっては遅いですが…

なぜ事故はおきたのか

ベランダに出された男の子は、退屈で何して遊ぼうかと、考えていたのでしょうか。

ベランダには、水槽が置かれていました。

水槽を台にして、誤って落ちてしまった可能性があります。

まとめ

2歳児は何でも「イヤ」の時期でもあるようです。

「片付けてね」と言われたのに、言うこと聞かずおもちゃを散らかして遊んでいたのかもしれません。

それぞれの家庭でしつけ方は違うと思いますが、ベランダではなく、別の方法もあったと思います。

この様な悲しい事故がおこらないことを願います。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする