「アポ電」凶悪化!命まで狙われてしまう・騙されないためには

2019年に入って、東京・渋谷区で2件、江東区で1件、「アポ電」による同じ様な手口の強盗事件が発生しています。

スポンサーリンク

「アポ電」とは

特殊詐欺グループが、詐欺にとりかかる取りかかる電話です。

雑談から同居家族の有無や、資産状況を探り出したりするとされてます。

優しい口調で親身になって、話を聞きながら隙を狙って、色々と聞いてくるかもしれないので気をつけてください。

オレオレ詐欺の凶悪化


引用:https://www.fnn.j

社会部・平松デスク「ここ最近、オレオレ詐欺を含めた特殊詐欺の検挙件数が非常に上がっている。ところが、多くの逮捕者は、実は『受け子』など、現金やカードを受け取る際に逮捕されている。つまり、受け取りの現場が、犯人側にとっては、逮捕のリスクが高くなる。受け取るのではなく、奪いに行くという、新しい手口に移行しているんだろうと」
引用:https://www.fnn.j

お金だけではなく、命までも奪われる可能性が出てきているようです。

※画像はイメージです

スポンサーリンク

オレオレ詐欺などの被害額


引用:https://www.fnn.j

オレオレ詐欺の被害額は、2014年のおよそ565億円をピークに、4年連続で減少しています。

オレオレ詐欺などの検挙人数


引用:https://www.fnn.j

検挙人数は、2010年の686人から2018年は2,747人と、4倍以上に増えています。

記事によると、稼ぎにくく、捕まりやすくなったオレオレ詐欺グループが「強盗グループ」に転じている可能性があるようです。

詐欺に騙されないために


引用:https://www.fnn.j

※画像はイメージです。

・オレオレ詐欺などの場合、電話して来た相手が本当に息子なのか、確認をして下さい。

・普段から、家族と連絡を取ることも大事です。

・相談出来る人が身近にいると安心です。

・ニュースや新聞などで、詐欺の手法をある程度知っておくことも有効です。

・怪しいと思ったら、録音をして下さい。

「アポ電」通報

2018年は、東京都内だけで3万4,000件以上に達し、2016年の2.6倍に急増しています。

スポンサーリンク

まとめ

オートロックがないマンションに住んでいる人の話しによると、見たことがない人が、マンション内に入って来ても怪しいとは思わないと言ってました。

犯人たちは、入念に下調べをして、現場に痕跡を残さないようにして立ち去ります。

「詐欺集団」から「強盗集団」「受け取る」から「奪いに行く」という新しい手口に変わってきてるようです。

個人情報を聞いてくる電話があったら、警察に相談して下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする