【健康カプセルゲンキの時間】糖化・AGEとは?予防対策・効果のある運動は?

体が「糖化」すると、色んな病気を引き起こしたり、老化の原因にもなります。

TBS健康カプセルゲンキの時間で取りあげられる予定の「糖化」について調べてみました。

スポンサーリンク

糖化とは?

糖化とは過剰な糖によって「体がコゲる」状態のことのようです。   

食事などから摂った余分な糖質が体内のたんぱく質などと結びついて、細胞などを劣化させこれが進むと肌のシワやくすみ、シミなどとなって現れます。

それだけでなく、糖化によってつくられるAGE(糖化最終生成物)は内臓をはじめとする体内組織に作用して、多くの病気の原因となることが知られています。

AGEとは?

タンパク質と糖が加熱されてできた物質のことをいい、強い毒性を持ち、老化やさまざまな病気をもたらす元凶の原因物質とされています。

AGEが血管に蓄積すると「心筋梗塞」や「脳梗塞」

骨に蓄積すると「骨粗しょう症」

目に蓄積すると「白内障」の一因となり、全身の健康に影響を及ぼします。

肌のコラーゲンに関していうと、コラーゲン繊維は正常であれば、3本の線維が絡み合うことで柔軟に伸び縮みする構造をしているそうです。

ところが、AGEがコラーゲン線維の間にくっつくと、縮むことができず、伸ばされると切れてしまうようになると言われています。

その結果、肌は弾力性を失い、シワやたるみの原因となります。

また、AGEは褐色化するので、肌の透明感が失われ、くすみが出てきます。

日常生活でできる糖化予防対策

血糖値の上昇を抑えることが重要なようです。

食べる順番も意識すると良いみたいです。

食事の時、最初に野菜から食べると、野菜の食物繊維が糖質の吸収スピードを抑えるので、血糖値の急上昇を防いでくれます。

クエン酸が多く含まれるお酢や柑橘類も、糖化の予防に役立ちます。

サラダを食べる時は、ドレッシングの代わりに軽く塩こしょうしてお酢やレモンの果汁をかけたりするのが、おすすめのようです。

糖化は「体のこげ」と呼ばれているので、同じ食材でも生で食べられる物は生で食べると糖化の予防になるそうです。

糖化を予防する運動は、有酸素運動ウオーキングがおすすめとのことです。

普段駅まで歩いてない方は、最寄り駅まで歩いたり、歩ける距離であるならば、1駅

いたりしてみると良さそうですね。

AGEの害を防ぐのに有効なものとは?

AGEの害を防ぐ働きが強いとされるのが、ビタミンB1・B6とカテキンです。

ビタミンB1は70%、ビタミンB6とカテキンは90%もたんぱく質のAGE化を阻害するという結果が出ています。

カテキンは身近にある緑茶に含まれているので、取りやすいので飲み続けることができそうです。

スポンサーリンク

家にある緑茶で茶カテキンを増やす方法

わざわざ購入しなくても、家にある緑茶で大丈夫です。

【入れ方】

茶葉6~7gに95℃以上の熱湯100mlで1分間抽出したら、湯のみに移してもう1回同様に抽出します。

一煎めで60%、二煎めで80%まで抽出できるそうです。

血糖値上昇抑制効果が期待できるカテキン量は、およそ400~600mgで、茶葉6~7gで抽出できるカテキン量は、およそ480~728mgの計算になります。

おすすめカフェインレスの健康茶は?

食事と一緒に飲むほか、こまめに飲むといいそうです。

糖化を防ぐカフェインレスの健康茶は、次の3つがおすすめのようです。

①甜茶(てんちゃ)

②どくだみ茶

③ルイボスティー

この3つが糖化抑制作用に優れているようです。

他にも

④柿の葉茶

⑤しそ茶

⑥グアバ茶

⑦バナバ茶

⑧ハマ茶

⑨クマザサ茶などが糖化抑制作用のある健康茶です。

まとめ

糖化を防ぐためには、適度な運動や十分な睡眠、ストレスを溜めこまないなどの生活習慣を心がけ、糖化を防ぐための食事を意識することが大事だということが分かりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする