佐倉の秋祭り2018年・日程・見どころ・総踊り・大神輿

佐倉に秋の訪れを告げる秋祭りをまとめてみました。

千葉県最大級の大神輿は迫力がありますよ。

スポンサーリンク

佐倉の秋祭りとは


出典;佐倉市観光協会

鍵の手のような城下町を三日間、山車・御神酒所・御輿が盛大に練り歩きます。

山車や御神酒所(曳きまわし屋台)がすれ違う様子や、佐倉囃子に合わせた「えっさのこらえっさっさ」の掛け声は佐倉ならではのものです。

麻賀多神社神輿は千葉県最大級の大神輿です。

佐倉の秋祭りは古くから五穀豊穣に感謝する秋祭りでした。

平成5年には「佐倉市の伝統文化の継承と発展を願うとともに、住民の交流を深め、佐倉市民の心のふるさとづくり」をテーマに活動を続け、現在は麻賀多神社以外に「愛宕神社」「神明神社」「八幡神社」の氏子町が加わり、4社合同祭の形で行われています。

佐倉の秋祭り2018年・日程

日時 2018年10月12日(金) 15:00~22:00
  2018年10月13日(土) 15:00~22:00
  2018年10月14日(日) 15:00~22:00
場所 千葉県佐倉市新町通り

地図

2o 

佐倉の秋祭り流2018年

18年10月12日(金)

麻賀多神社大神社

13:00 大祭式
15:00

発輿祭・宮出し・氏子町内渡御

山車・御神酒所の曳き廻し・町内御輿渡御

21:40 御旅所着

2018年10月13日(土)

15:00 山車・御神酒所曳き廻し・町内神輿渡御
16:00 秋祭りセレモニー(お祭り広場)
16:30頃(お祭り広場)

江戸型山車・御神酒所・お囃子共演:総踊り

※雨天中止

17:00

新町通りにて曳き廻し

栄町通りにて6町合同お囃子・総踊り

2018年10月14日(日)

麻賀多神社大神輿

15:00 山車、御神酒所の曳き廻し、町内御輿渡御
16:20 御旅所発輿祭(おたびしょはつよさい)
17:00 発輿(はつよ)
21:40 宮入

スポンサーリンク

佐倉の秋祭り2018年の見どころ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

サカモトトモコさん(@sakamoto_tomoko)がシェアした投稿

21の華やかな山車や屋台、御輿が佐倉の城下町を練り歩く様は、美しく迫力があります。

山車の特徴は上部に神様の目印となる人形があります。

この人形たちは明治時代に購入されたもので「能」をテーマに作られたものがほとんどです。

佐倉囃子にあわせ、「えっさのこらさえっさっさ!」の掛け声は佐倉独自の文化となっています。

4町会総踊り

2018年10月13日(土) 16:00頃

御旅所(おたびしょ)裏広場に3本の山車(中町・横町・上町)と1台の御神酒所【曳き廻し屋台】(野弧台町)が集合する予定です。

16:30頃から、総踊りを行う予定です。

※雨天中止

6町会総踊り

2018年10月13日(土) 17:00頃

京成佐倉駅前の市観光協会前あたりに6台の御神酒所【曳き廻し屋台】(栄町・宮小路町第1・並木町・田町・間之町・袋町)が集合し総踊りを行う予定です。

佐倉囃子と手拍子に合わせて「えっさのこらえっさっさ」と声をあげて楽しんでくださいね。

麻賀多神社の大神輿


出典;ダイドー祭りドットコム

江戸時代中期に江戸から職人を呼び、約360両のお金と8ヶ月の歳月をかけて造られた豪華なもので、大きさは千葉県最大級をほこります。

道幅の狭い城下町を二天棒(担ぎ棒が二本)だけで動かし、「明神祭りさらは久しい」の掛け声で練り歩きます。

夜になると提灯の灯りで山車や神輿が照らされて、とても美しいですよ。

アクセス

電車でのアクセス:京成「佐倉駅」南口・徒歩約5分

         JR 「佐倉駅」徒歩約15分

お問い合わせ:佐倉市観光協会 

       TEL043‐486‐6000

佐倉の秋祭り2018年の交通規制

お祭り開催中の10月12日(金)・13日(土)・14日(日)の15:00~22:00はお祭り広場に繋がる道路に交通規制がかかり、車両通行止めとなるので、できるだけ交通機関を利用したほうが良さそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

佐倉の城下町で行われる「佐倉の秋祭り」、千葉県最大の大神輿と佐倉囃子を聞きながら

「佐倉の秋祭り」の文化に触れてみてはいかがでしょうか。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする