【いじめで母と娘が心中】ひどい!学校側の対応も原因!仙台市

仙台市で、いじめが原因で母親と娘さんが心中するという悲しい事件がおきました。

スポンサーリンク

事件概要

 昨年11月に仙台市で小学2年の女児と母親が自宅で死亡しているのが見つかり、母親が無理心中を図ったとみられる事件で、女児の父親は19日、同市内で記者会見し、女児へのいじめと学校側の対応が原因だったと訴えた。市教育委員会に対し、第三者委員会を設置して調査するよう求める。

 父親によると、女児は昨年5月、同級生から仲間外れにされるなどして「学校に行きたくない」と両親に相談。学校はいじめと認定したが状況は改善せず、女児は「しにたいよ」「つらい」と書いたメモや絵を両親に渡していた。母親は秋ごろから眠れなくなり、体調を崩して通院するようになった。
引用;https://this.kiji.is

学校はいじめを認定したのに、なぜ状況を改善することが出来なかったのでしょうか。

娘さんが残したメモ


引用;https://this.kiji.is

いじめはいつから?

父親によると、1年生のころから、同学年の女子児童2人から、仲間はずれにされたり、暴力を振るわれそうになったりするいじめを受けていたといいます。

昨年5月、長女が母親に相談して発覚。

直後に学校に相談したが必要な対応がとられなかった。

7月、長女は「死んでしまいたい」「生きていていいことがない」などと口にするようになった。

いじめがあった小学校は?

仙台市立寺岡小学校


出典;ウィキペディア

寺岡小学校の場所

学校側の対応

両親は学校側にも伝え、校長に女子児童2人とその両親を交えた話し合いの場を設けるよう継続的に要望していたが、実現しなかった。

市教委や弁護士会にも相談したものの、解決に至らなかったといいます。

ひどい話しです。

8歳の子から「死にたい」「生きていていいことない」と言われた両親はとても辛かったと思います。

何のために市教委や弁護士会があるのでしょうか…

事件が起きた日

2018年11月29日

母親(46)と小学2年生の長女(8)が亡くなりました。

スポンサーリンク

両親の気持ち

昨年の5月に、娘さんが母親に相談していじめが発覚しましたが、記事によると、小学1年生のころからいじめがあったと書いてあります。

いじめに耐えて、両親に気づかれないように振る舞っていたと思います。

両親はもっと早く気づいてあげたかったと思ったことでしょう。

両親は長女のために、継続的に学校へ相談しに行ったのに解決せず、母親と長女は体調をくずし命を絶ってしまいました。

ネットの反応

いじめは犯罪と教えるべき。
学校が対応しないなら学校も共犯だろう。
このようないじめに対応する行政機関を作って欲しい。学校は信用できない。

引用;https://headlines.yahoo.co.jp

私はわかる
息子が一年生の時、担任の先生から体罰と人格否定のいじめを受けて、学校は認めて、第三者委員会も生徒になんの落ち度もなく自分のストレス発散のターゲットとして人権侵害をしたと結論付けたのに、副校長が「担任は思いやりが行きすぎてしまった」というわけわかんない公表をしたので全校保護者に私たちが責められた。
親子でうつ病になり、家庭でもケンカが増え、仕事もやめ、ボロボロになった

まだ回復してない

いじめは、いじめが止んでも、心は何年も回復しない

お母さんも病んで正常な判断力を失ったのだと思うよ

かわいそうに
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

なんだよこれ…まだ2年生でこの言葉と、
お母さんが他の選択肢を考えられないような所まで追い込まれるって
あまりに酷すぎる…
本人達も、残された人達も、無念だろうなぁ…。

現時点でいじめをなくす事ができない
いじめの当事者・傍観者(学校・教委)に相談しても
隠そうとする以外に何もできない暗愚集団なのは当然なので、
もしできるなら、一刻も早く転校を。

しかし、救いようのない犯罪者は必死でかばう弁護士会が
いじめの相談しても無駄だった、ってのはどういう事なんだろう。

…どこかに相談するというなら、問題が悪化する前に
まずネットやマスメディア等の
第三者を大勢巻き込んだ方が良いと思います。

今回の件は取り返しがつかない結果になってしまったけど
とにかく自分達だけで抱え込まずに広く声を上げて、
一人でも多くの人に伝えて、相談を。

どうか、安らかに。
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

母親の気持ちが痛いほどわかります
どうしても死にたいと言われたら一緒にいてあげたいと思ってしまうかも
どの子も今は、何事もなくてもいつか追い詰められることがあるかもしれない
そうなったときのことを子どもと話しています
先ずは、絶対に話をしてほしい
その時、何が一番の希望か聞かせてほしい
逃げたいときはいつでも一緒に逃げるから
学校以外でやれることは沢山ある
自分に合った場所も必ずあるから
最後に死を選ぶと決めていても
死ぬことが出来るならもう少しだけ一緒にいてほしい
絶対は無いけど
自分、親だけの力で救い出せない状況になったとき
怖いと思うけどひとに追い詰められて誰にも会いたくたくなってもひとに救われることもあるからと伝えてあげたい

引用;https://headlines.yahoo.co.jp

まとめ

ネットのコメントは長文が多く寄せられています。

皆さん色々と思うところがあるのだと思います。

父親を支援する「全国自死遺族連絡会」は同市教育委員会に対し、第三者委員会の設置などを求める要望書を提出する方針です。

亡くなられたお二人のご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする