静岡県島田市の踏み切りで2歳男児貨物列車にはねられ亡くなる・なぜ事故はおきたのか

静岡県島田市の踏み切りで、男児が貨物列車にはねられる痛ましい事故がおきました。

事故はなぜおきてしまったのでしょう…

公開されていることをまとめました。

6月22日追記

スポンサーリンク

事故の詳細


引用;https://www.fnn.jp

22日午前、静岡・島田市のJR東海道線の踏切で、3歳ぐらいの子どもが、貨物列車にはねられた。

22日午前9時半ごろ、島田市のJR東海道線の踏切で、上りの貨物列車に子どもがはねられた。

消防によると、はねられたのは3歳ぐらいの男の子とみられ、意識はなく、ドクターヘリで病院へ運ばれた。

現場には警報機と遮断機があり、男の子が、なぜ踏切の中にいたのかなど、警察がくわしい状況を調べている。

この事故の影響で、東海道線は、一部の区間でおよそ2時間運転を見合わせた。
引用;https://www.fnn.jp

親の目が離れたすきに、興味のある方へ歩き、踏み切りの警報機の音がして近づいてしまったのでしょうか?

心が痛む事故です。

スポンサーリンク

事故現場付近の地図

事故は、静岡県島田市のJR東海道線の踏み切りでおきました。

メディアによると、この踏み切りには、遮断機と警報機があったとのことです。


引用;https://www.fnn.jp

スポンサーリンク

追記:事故にあった男児の情報

メディアで公開されたことをまとめました。

性別:男の子

年齢:3歳ぐらい

事故発生日時は、6月22日午前9時35分ごろです。

消防によると、男児はドクターヘリで運ばれ、容態は意識不明とのことです。

追記: 島田署によると男児は近くに住む青木架ちゃん(2)

架ちゃんはドクターヘリで病院に搬送されましたが、約3時間後に亡くなりました。

架ちゃんは、3時間頑張りました。

遺族の気持ちを思うと、やりきれない思いがこみ上げます。

近くに住む中学生の話し

近所に住む男子中学生は「長い警笛を聞き、踏切を見に行くと男の子が線路脇に倒れていた。草むらなどにサンダルが落ちていた」と話してました。

事故はなぜおきたのでしょうか?

詳しいことは分かっていませんが、考えられることは、男児は近くに住んでいて、踏み切りの方へ歩き出し、事故にあってしまったか、親又は祖父母と散歩に出かけている最中に、何らかの理由で男児を見失い、事故に巻き込まれてしまったかも知れません。

いなくなった男児を、必死に探している時に起きた事故の可能性があります。

3歳児の特徴は?

3歳児は運動量も言葉も増え、手足は長くなり、大人もびっくりするようなことを話すなど、もう完全に赤ちゃん期は卒業のようです。

幼稚園や保育園に通っていれば、同年代のお友達と色々な関わりをもち、色んな感情も沸いてくる時期かも知れません。

うっかり目を離したすきに、遠くへ歩いて行ってしまうこともあると思います。

スポンサーリンク

ネットの反応

勝手に家から出ちゃったのかな?
それとも遊んでて目を離してしまったのかな。
兄弟がいたりすると、片時も目を離さないというのも難しいけど、近くに線路や交通量の多い道路があるときはより一層気を付けないとね。
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

3歳の子供が何故一人で踏切にいるの?親は何をしてたのか?我が家は5歳の子供でも決して1人にはしない。子供を守れるのは親しかいないでしょう。
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

親の責任には違いないがこの情報の段階でこぞって親を叩く状況に違和感を感じる。
まずはこの子の回復を願いたい。
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

もちろん親が目を離してはいけないけど、3歳くらいの男の子って本当に一瞬の隙でもどこかへ行っちゃったりする。
とにかく助かることを祈ります。

引用;https://headlines.yahoo.co.jp

 

もしかしたら親は仕事でじぃじ、ばぁばが見ていたかもしれない。
男の子の意識が戻りますように。
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

ネットのコメント欄には、男の子の無事を願うコメントが、多数寄せられています。

どうか、意識が戻り元通りの生活が送れるよう、お祈りいたします。

追記:亡くなられた青木架ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする