高岡万葉まつり2018年・日程・朗唱の会・万葉茶会・イベント

今年も『万葉のふるさと高岡』で、一年に一度万葉の世界に燃え上がる三日間がやってきます。

遠く過ぎ去った月日が蘇る「万葉まつり」をまとめてみました。

スポンサーリンク

高岡万葉まつりとは2018年


出典;高岡市生涯学習センター

高岡市は、「万葉集」の代表的歌人である大伴家持(おおもとのやかもち)が、奈良時代に国守として在任していたことから、「万葉のふるさとづくり」に取り組んでいて、高岡万葉まつりはその代表的なイベントです。

メインイベントは、古城公園の濠に設けられた特設水上舞台で、万葉集全20巻4,516首を2,000人を超える人々が、三昼夜かけてリレー方式で歌い継ぎます。

全国どなたでも無料でさんかできます。

※7月9日(月)より朗唱の会参加者希望の受付が開始されました。

郵送又はFAXでお申し込み下さい。

【申し込み・問い合わせ】

高岡万葉まつり実行委員会 TEL0766‐20‐1301

             FAX0766₌20‐1496

第37回高岡万葉まつり2018年

開催期間 2018年10月5日(金)~7日(日)
開催時間 9:30~
会場場所 高岡古城公園(中の島特設水上舞台)
住所 富山県高岡市古城1‐9
問い合わせ 0766‐20‐1301(高岡万葉まつり実行委員会)
アクセス

※車:能越自動車道高岡ICから車で10分                 

※電車:あいの風とやま鉄道高岡駅より徒歩15分

※電車:JR氷見線越中中川駅より徒歩4分

※万葉線(路面電車):急患医療センター前より徒歩3分

駐車場 160台 無料

地図

万葉集全20巻朗唱の会2018年

連続3昼夜にわたって万葉集全20巻がうたい継がれる日本で唯一のイベントです。

毎年、歌をよむ人は公募で全国から2,000人以上が選ばれます。

万葉の奥深く、はかり知れない優雅な雰囲気に包まれるのも良いですね。

開催場所:中の島特設水上舞台

10月5日(金曜日)午前9時30分~7日(日曜日)午後6時まで

※万葉衣装を着用する場合は300円が必要です。(18歳以下は無料です)

高岡万葉まつり2018年のイベント

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Makkiiさん(@mcphty)がシェアした投稿

万葉茶会

10月6日(土曜日)

場所:射水神社

万葉まつり子供茶会

※子供たちが万葉衣装を着て、お抹茶を運んでくれますよ。

10月6日(土曜日)・7日(日曜日)

時間:午前10時~午後3時まで

場所:博物館茶室・松聲庵

参加費:400円

スポンサーリンク

万葉まつりり軽食・屋台村コーナー

2018年10月5日(金)~7日(日)

午前10時~午後5時 市民体育館周辺

市民体育館前の特設テントではたくさんの出店が立ち並び、ラーメン、うどん、おにぎり、焼きそばなどをはじめ、特産品を販売しているお店もあります。

ます寿司を見かけたら是非食べてみてくださいね。

美味しいものを食べながら、ゆっくりと「万葉まつり」を楽しんでくださいね。

越中三賦ミニコンサート

10月7日(日曜日)

時間:午後4時55分~午後5時15分

場所:中の島特設水上舞台

万葉故地交流会

10月6日(土曜日)

時間:午後7時~午後9時

場所:市民体育館

参加料:4000円

※問い合わせ

万葉を愛する会(万葉歴史館内) TEL0766‐44‐5511

万葉故地めぐりの旅(バスツアー)2018年

10月6日(土曜日)・7日(日曜日)

集合時間:午前10時

集合場所:市民体育館

定員:各日20人

参加費:5,500【昼食付き】

※申し込み・問い合わせ

博物館 TEL0766‐20‐1547

万葉まつりMusic Fes2018年

10月5日(金曜日)時間:午後5時~午後9時頃

10月6日(土曜日) 時間:午後9時~午前0時頃

10月7日(日曜日) 時間:午前11時~午後5時頃

場所:市民体育館

チケット代:1,000円【3日間共通・1ドリンク付き】

※高校生以下無料

問い合わせ先:lshi-G雑楽工房 TEL 090‐2837‐2725 

スポンサーリンク

まとめ

ゆかりの地にふさわしく、万葉ロマンを現代に伝えるイベントです。

古城公園の濠に設けられた特設水上舞台で2000人を超える人々が3昼夜かけて歌い継ぐ朗唱の他、芸能発表・万葉茶会・燈火の路・万葉故地めぐりやマイクロバスを利用する小旅行など、万葉まつりならではの多彩なイベントが開催されます。

「万葉のふるさと」高岡へ是非お越しください。

                  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする