竹森友也・顔画像!酷い泥酔女性に声をかけトイレに連れ込み性的暴行・東京都東小金井

JR中央線の車内で、泥酔した女性に声をかけ、介抱するふりをして、無理やり性的暴行を加えたとして、竹森友也容疑者逮捕されました。

突然、捜査員に声をかけられ、驚いた竹森容疑者の様子が映っています。

事件概要

 電車内で寝ていた女性を駅のトイレに連れ込み性的暴行を加えたとして、27歳の男が警視庁に逮捕されました。

準強制性交の疑いで逮捕されたのは、東京・三鷹市の竹森友也容疑者(27)です。

竹森容疑者は今年3月27日の午前1時ごろ、JR中央線の電車内で酒に酔って寝ていた20代の女性に「駅だけど大丈夫?」と声を掛けてホームに降ろし、無理やりトイレに連れ込んで性的暴行を加えた疑いがもたれています。取り調べに対し、容疑を認めているということです。
引用;https://news.tbs.co.jp

介抱するふりをして、トイレに連れ込み性的暴行を加えるという酷い行為…

警察は、余罪もあるとみて調べています。

事件が起きた日時と場所、手口は?


引用;https://www.fnn.jp

今年の3月27日午前1時ごろ、JR中央線の電車内で酩酊状態の20代の女性に「ここ東小金井だけど大丈夫?」などと声をかけ、東小金井駅で下車。

その後、女性を駅構内の多機能トイレに連れ込み、無理やり、わいせつな行為をした疑いが持たれています。


引用;https://www.fnn.jp

竹森容疑者のプロフィール

こちらが公開されているプロフィールです。

名前:竹森友也(たけもり・ともや)

年齢:27歳

職業:会社員

住所:東京都三鷹市

容疑:「準強制性交等」の疑い

竹森容疑者の逮捕の瞬間

無理やり女性を襲ってからおよそ2ヶ月、ばれていないと思っていたのでしょうか?

こちらが逮捕されるまでの映像です。


引用;https://www.fnn.jp

5月31日、午前6時40分ごろ自宅を出て来た竹森容疑者。


引用;https://www.fnn.jp

2人の捜査員に声をかけられます。


引用;https://www.fnn.jp

突然のことに驚いたのか、大きく目を見開いています。


引用;https://www.fnn.jp

その後、複数の捜査員に囲まれながら連行されました。

取り調べに対して竹森容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。

逮捕の決め手は?

決め手は防犯カメラです。

警視庁が調べたところ、駅の防犯カメラに女性をトイレに連れ込む際の様子が映っていたことから、竹森容疑者が浮上したようです。


引用;https://www.fnn.jp

最近の防犯カメラは鮮明に映るのもあるので、顔などがハッキリ映っていたのかも知れません。


引用;https://www.fnn.jp

ネットの反応

他にも余罪がありそうだな。
とにかくこんな鬼畜捕まって良かった。
女性もトイレ連れ込まれるほど酩酊状態にならないように酒の量は考えた方がいい。
日本は昔ほど安全ではありません。

引用;https://headlines.yahoo.co.jp

捕まる前からマスクをしているね。鼻炎持ちなのかも知れないが、いつでも獲物を狙えるように、証拠を残さないための偽装としたら、、余罪ももっと出てくるかも知れない!
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

これだけビックリしているのは、逮捕なんか
全く頭になかったんだろうな。
警察はよくぞ逮捕してくれました。
しかし、女性一人で泥酔で外を歩くのは危険ですね。
泥酔者を見つけたら駅員や警察に通知するのを周知しないといけませんね
見てるだけでは知り合いかわからない

くるかも知れない!
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

泥酔者を見つけたら駅員や警察に通知するのを周知しないといけませんね
見てるだけでは知り合いかわからない

引用;https://headlines.yahoo.co.jp

痴漢てコスパ悪くない?
違法行為な訳で捕まれば、それまで築いてきた全てを失う
そのスリルがたまらないのかなあ

それなら、風俗とかで合法的に助平すれば、全く問題ないと思うがなあ
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

まとめ

犯人は捕まりましたが、被害女性の心と体のきずはキズは深く、簡単に癒えることはないと思います。

ネットのコメントにも書いてありましたが、お酒の量はほどほどに、ちゃんと歩いて帰れる程度にしたほうがいいと思います

飲み過ぎた時は、タクシーで帰ることも考えてください。

お金はかかりますが、命や性犯罪から守れる可能性があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする