柴田広幸容疑者・顔画像あり・両親を殺害容疑で逮捕・山形県朝日町

山形県朝日町の民家で、殺人事件がおきました。

同居する柴田広幸容疑者(45)が逮捕されました。

スポンサーリンク

事件概要


引用:https://news.tbs.co.jp

2日、山形県朝日町の民家で高齢の男女2人の遺体が発見された事件で、同居する息子が父親を殺害したとして、3日未明、逮捕されました。

殺人の容疑で逮捕されたのは、山形県朝日町の無職・柴田広幸容疑者(45)です。警察によりますと、広幸容疑者は先月27日午後6時ごろから2日午前10時ごろまでの間に、自宅で同居する父親・柴田節男さん(72)の首をひものようなもので絞めるなどして殺害したとされています。2日、広幸容疑者の妹が、別々の寝室で死亡している節男さんと母親の幸子さん(68)を発見、警察に通報しました。

事件について、広幸容疑者は「今は話したくありません」と供述しているということです。警察では、広幸容疑者が幸子さんの殺害にも関与しているとみて調べを進めています。
引用:https://news.tbs.co.jp

子ども達も同居している中で、殺人事件がおきました。

逮捕されたのは、父親の可能性が高いです。

柴田広幸容疑者のプロフィール

名前:柴田広幸(しばた・ひろゆき)

年齢:45歳

職業:無職

住所:山形県朝日町

柴田容疑者の顔画像


引用:https://www.fnn.jp

顔画像は中学生の時のものです。

亡くなられた方のプロフィール

名前:柴田節男(しばた・せつお)さん

年齢:72歳

職業:アルバイト(新聞配達員)

住所:山形県朝日町

名前:柴田幸子(しばた・ゆきこ)さん

年齢:68歳

職業:アルバイト(新聞配達員)

住所:山形県朝日町

柴田節男さんと幸子さんの顔画像


引用:https://www.fnn.jp

真面目な感じのご夫婦です。

節男さんは、タクシー運転手の仕事に加え、5年前から妻、幸子さんと新聞配達の仕事を始めたそうです。

柴田容疑者が、無職だから亡くなられた夫婦は働いていたのでしょうか。

だとしたら、とても切なく感じます。

スポンサーリンク

家族構成

家族構成を調べてみました。

柴田節男さん
柴田幸子さん
柴田広幸容疑者
子ども2人


引用:https://www.fnn.jp

6人家族のようです。

事件現場付近の地図

朝日町のどかに住んでいるようです。

※詳しいことが分かり次第追記します。


引用:https://news.tbs.co.jp

犯行日時

2月27日午後6時から3月2日午前10時の間に事件はおきました。

記事によると、父親の節男さん首をひものようなもので絞めたと書いてあります。

動機は?

「今ははなしたくありません」と供述しています。

※詳しいことが分かり次第追記します。

スポンサーリンク

通報したのは?

2日、柴田広幸容疑者のが、別々の寝室で亡くなっている、節男さんと幸子さんを発見して、警察に通報しました。

警察は、柴田容疑者が、母親の幸子さんの殺害にも関与しているとみて、調べています。

ネットの反応

批判覚悟で書きたいと思います

このような事件、とても残念でなりません
親子仲良く暮らせる方が幸せですから
子が親に手をかけてしまうなんて
通常考えられません
ですが、ごく稀かもしれませんが
どちらが重かったかはわからないですけれど
親子共々、知的な障害が多少あり
グレーゾーンなため認知されず
お互い気持ちが通じ合わない
時には仕事がうまくいかない
そんなケースもあるのかと思います
引用:https://headlines.yahoo.co.jp

後期高齢者会は、72歳から。おふたりとも、若いです。まだ、まだ、これから、ふたりで楽しい人生があったはず。今は、無職で両親の年金に頼っている人が、以外と多い。もし、両親と子の同居で、何か、困った事があった時は、やはり、早めに、近くの役所等に相談が必要ですね。また、場合によっては、精神科の受診も必要です。親は、いつまでも、子が可愛くて、信じたい。子は、親を、食い物にする。典型的な悲惨な事件のような気がします。
引用:https://headlines.yahoo.co.jp

何にも問題なく、生活している人には、わからないだろうな!経験者になって、初めてわかることだから!
引用:https://headlines.yahoo.co.jp

45歳の無職の息子が犯人か…
殺された祖父母は新聞配達のアルバイトをしていたようだが、同居していた息子の嫁・孫は祖父母が部屋から出てこない事に無関心だったの??

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

無職になった後、仕事に就けなかったのには、深い理由があったのかもしれません。

残された家族は辛く、悲しい思いをしていると思います。

子どもたちの心のケアを、長い時間かけて行って欲しいと思います。

柴田節男さんと幸子さんのご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする