4年前の殺人事件で元妻新野莉紗容疑者逮捕 山形県白鷹町広野

4年前の山形県白鷹町広野殺人事件で、元妻が逮捕されました。

事件概要を調べてみました。

スポンサーリンク

事件概要 2014年

山形県白鷹町広野で6月21日、自宅で高齢男性が死亡する殺人事件とみられる事件が起きました。

発表によると同日午前7時過ぎ、白鷹町広野の住宅に住む会社員・新野重雄さん(63)が、自宅の室内で頭から血を流した状態で見つかったといいます。

第一発見者は新野重雄さんの妻(45)で、その後すぐに警察へ通報。

通報を受けて山形県警長井署の署員らが駆け付けた際には、既に新野重雄さんは死亡していたとのこと。新野重雄さんは、寝室とは別の部屋(居間)に倒れていました。

遺体は頭から血を流していましたが、周囲に凶器とみられるようなものは残されておらず、現時点では死因なども不明。

しかし現場の状況などから、長井署は殺人事件の可能性もあるとみて、捜査を進めています。

新野重雄さんは妻と中学生の長女の3人暮らしで、長井署は妻から当時の状況や前日夜のことなど詳しく話を聴くとともに、司法解剖して新井重雄さんの死因の特定を急ぐ方針です。
引用;https://breaking-news.jp

上記は当時の事件概要です。

殺害時間は?

捜査関係者によると、重雄さんは午前7時半過ぎに発見されましたが、その数時間前に殺害された可能性が高いということです。

重雄さんに抵抗した様子はなく、就寝中に殺害されていた可能性が高いとみられています。

元妻逮捕の決め手は?

 山形県白鷹町で平成26年6月、アルバイトの新野重雄さん=当時(63)=が自宅で殺害された事件で長井署捜査本部は14日、殺人の疑いで、元妻の無職、新野莉紗容疑者(49)=白鷹町広野=を逮捕した。「やっていません」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は26年6月20日夜から21日朝までの間、鈍器のようなもので新野さんの頭部を数回殴り、殺害したとしている。死因は頭部打撲による頭蓋内損傷だった。
 県警によると、新野さんは頭から血を流し、居間の布団の上に下着姿で倒れていた。室内に争ったり荒らされたりした形跡はなかった。通報したのは莉紗容疑者で、事件前に離婚したが、当時は同居していた。

 近藤好司刑事部長は記者会見で「(逮捕は)状況証拠を積み上げた結果。あらゆる可能性を考慮し慎重に捜査を進めた」と話した。
引用;https://www.sankei.com

逮捕の決め手はまだはっきりしていません。

情報が入り次第追記します。

プロフィール

名前・新野莉紗(にいの莉紗)

年齢・49歳

住所・山形県白鷹町

職業・無職

家族構成・故新野重雄・長女

スポンサーリンク

新野莉紗容疑者とはどんな人物か?

メディアによると、重雄さんと莉紗容疑者はケンカが多く、重雄さんが野菜を親戚の家に持って行こうとしたところ、莉紗容疑者が「これはウチの野菜!」と激高し、野菜をばらまいたそうです。

気性の激しい一面があり、重雄さんは「いつか殺されるかもしれない」と周囲に言ってたそうです。

ネットの反応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする