【遺体放置】吉田健太郎容疑者・母親の遺体を自宅に放置・顔画像は?千葉県松戸市

自宅で亡くなったと思われる母親をそのまま放置する事件がおこりました。

同じ様な事件が多く起きていると思います。

なぜでしょうか…

スポンサーリンク

事件概要


引用;https://news.tbs.co.jp

千葉県松戸市で母親とみられる遺体を自宅に放置したとして、警察は42歳の男を死体遺棄の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは、自称・松戸市八ヶ崎の無職、吉田健太郎容疑者(42)で、先月下旬ごろから1日までの間、自宅に母親とみられる70代くらいの女性の遺体を放置した疑いがもたれています。

警察によりますと、民生委員の男性が先月下旬ごろから姿を見せなくなった吉田容疑者の母親を心配し、市の職員や警察とともに1日、自宅を訪れたところ、1階の玄関先で女性の遺体が見つかったということです。遺体は死後数日がたっているとみられ、目立った外傷はありませんでした。

吉田容疑者は母親と2人暮らしで、取り調べに対し容疑を認めているということです。

警察は、遺体は母親とみて身元の確認を進めるとともに、動機などについて調べを進めています。
引用;https://news.tbs.co.jp

事件現場付近の地図

この地図上のどこかに吉田容疑者の自宅があると思われます。

吉田容疑者のプロフィール・顔画像は?

名前:吉田健太郎(よしだ・けんたろう)

年齢:42歳

職業:無職

住所:千葉県松戸市八ヶ崎

※顔画像は公開されていません。

亡くなられた方・顔画像は?

70代の女性

※警察は、遺体は母親とみて身元の確認を進めています。

スポンサーリンク

発見された経緯


引用;https://news.tbs.co.jp

警察によると、民生委員の男性が先月下旬頃から姿を見せなくなった吉田容疑者の母親を心配し、1日市の職員と警察が自宅を訪れたところ、1階の玄関先で女性の遺体が見つかったということです。

※民生委員とは、主にソーシャルワーク(社会福祉援助技術)に従事するため日本の市町村の区域に配置されている奉仕者である。

吉田容疑者はなぜ放置したのでしょうか?

類似事件の容疑者の供述によると、「どうしていいのか分からなかった」と言っています。

吉田容疑者も、40歳で無職ということは、引きこもりだったのかもしれません。

そして、どう行動していいのか分からなかったのかもしれないです。

自宅で亡くなった場合の3つの方法

①持病があって、かかりつけ医がいる時は、かかりつけ医に来てもらう。

②救急場車を呼ぶ

たとえ明らかに亡くなっていると思っても、死後それほど時間が経っていない場合は、救急車に来てもらうのがいいそうです。

もしかしたら蘇生できる可能性もあるかもしれません。

すでに亡くなり蘇生もできない場合は、救急隊から警察に連絡がいきます。

③警察を呼ぶ

死後何日も経っていて、明らかに亡くなっていると素人目にもわかる場合は、警察に連絡してください。

病死であっても、かかりつけ医がいない場合は警察に届けて、警察の監察医に「死体検案書」を作成してもらわなければ、葬儀は行えません。

「死亡診断書」または「死体検案書」がなければ、葬儀社が受け付けてくれません。

ネットの反応

1階の玄関先で女性の遺体が見つかったという
介護どころか葬式も出せないような人が増えている

引用;https://headlines.yahoo.co.jp

世の中には、発見されていない遺体ってどれぐらいあるんだろう?と、考えてしまった。
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

年金目当てという人いるけど…遺体が玄関先で見つかってます。どうすればいいかわからなかったんじゃ…。
この息子さんただの無職なのかな?障害があったりとかも考えれますね。ただの無職ならあかんけど…

引用;https://headlines.yahoo.co.jp

気にかけてくれる民生委員はいる。同居の人もいる。死後数日かー。
民生委員が24時間監視するわけにも行かないし、100%防ぎようが無いですよね…
110番しようにも電話代払ってないかも知れないし

引用;https://headlines.yahoo.co.jp

こういう事件が多すぎ。
高齢化社会で、この先もどんどん増え続ける気がする
引用;https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

最近は、ご近所付き合いもないところが、増えていると思います。

親身になってくれる知人や親類がいてくれたら、何か防げたかもしれません。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3589156.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする