四十宮直樹容疑者(昭和大学医学部)の顔画像あり・タイ国籍の女性亡くなる・台東区

昭和大学医学部の学生がタイ国籍の女性を工具で殴り、死亡する事件がおきました。

スポンサーリンク

事件概要

 昭和大学医学部に通う20歳の男が去年12月、都内のホテルでタイ国籍の女性を殺害したとして警視庁に逮捕されました。

殺人の疑いで逮捕されたのは、昭和大学医学部2年の四十宮直樹容疑者(20)です。

四十宮容疑者は去年12月、台東区根岸のホテルでタイ国籍の派遣型風俗店アルバイト、セーンネ・パニダさん(当時19)に暴行を加えて殺害した疑いが持たれています。四十宮容疑者は事件直後にホテルの窓から飛び降りて重傷を負い、入院していました。

警視庁によりますと、2人は事件当日に初めて会いましたが、四十宮容疑者は秋葉原駅近くのディスカウントストアで凶器とみられる長さおよそ36センチの工具を購入した後、現場のホテルに向かったということです。

取り調べに対し「棒を使って強くたたき過ぎた」「殺すつもりは無かった」と容疑を否認していて、警視庁は動機について調べています。
引用:https://news.tbs.co.jp

記事によると、四十宮容疑者は「殺すつもりはなかった」と供述していますが、ディスカウントストアで長さおよそ36センチの工具を購入しています。

殺意が感じられます。

事件日時

2018年12月18日

午後8時半から55分ごろ

事件現場

住所:東京都台東区根岸1丁目のホテル


引用:https://news.tbs.co.jp

四十宮容疑者は、事件直後にホテルの窓から飛び降りて重傷を負い、入院していました。

四十宮容疑者のプロフィール・顔画像は?

名前:四十宮直樹(よそみや・なおき)

年齢:20歳

身分:昭和大学医学部2年生

住所:千葉県船橋市前貝塚町

四十宮容疑者の顔画像


引用:https://news.tbs.co.jp

飛び降りた時の傷あとでしょうか?頭部に傷があり、痛々しいです。


引用:https://news.tbs.co.jp

四十宮容疑者の自宅付近の地図

詳しい住所は分かりませんが、情報が入り次第追記します。

被害者のプロフィール・顔画像は?

名前:セーンネ・パニダさん

年齢:当時19歳

職業:アルバイト(派遣型風俗店)

国籍:タイ人

※顔画像は公開されていません。

スポンサーリンク

動機は?

詳しい動機は分かっていませんが、メディアによると、四十宮容疑者は「棒を使って強くたたきすぎた」「殺すつもりは無かった」と供述していますが、秋葉原駅近くのディスカウントストアで長さおよそ36センチのトルクレンチを購入して、ホテルに向かいました。

トルクレンチ

出典;工具通販ビルディ

出典;モノタロウ

トルクレンチ(工具)は色々と種類があるようです。

このような工具でセーンネ・パニダさんを殴ったと思われます。

「殺すつもりは無かった」と供述していますが、強い殺意を感じます。

ネットの反応

医者になる前に捕まってくれてよかった
犠牲になったタイ人女性のご冥福を祈ります

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

医大生が頭部を金属で叩けばどうなるか分からないはずですからね。しかも、わざわざ直前に購入しての犯行ですからね。しかし、こんな人間が、仮に医者になってたら…怖すぎる
引用:https://headlines.yahoo.co.jp

医師の適正のあるマトモな人間性してたら、カッとはしても人を殴ることすらできないと思います。まあ、本物のサイコパスは外面いいものだし、入試のたかが10分の面接では判断しようがなかっただろう。実際に人が亡くなってしまった今、医者になる前でよかった、とも最早言えない。ただの人殺しですね。
引用:https://headlines.yahoo.co.jp

医者になったとしても何か事件を起こしてただろうな。
武器を準備してのこと、最初から誰か殺す気だったのだろう。
ご冥福をお祈りいたします。
引用:https://headlines.yahoo.co.jp

外国籍の風俗嬢だからと言って乱暴したり殺害したりは許される事ではない。
被害女性は19歳、この子にも日本にきた目的が何かあったと思うが無念です。
殺人者は女性なら誰でも良かったのか?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

事件直後、四十宮容疑者はホテルの窓から飛び降りました。

自殺をするつもりだったのでしょうか?

人の命を救う職業に就くはずだった四十宮容疑者、なぜこのような事件をおこしてしまったのでしょうか?

残念です。

セーンネ・パニダさんのご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする